Mizukiのブログ

ポケモンの大会やオフの記事などを書きます。

【ポケセンビクティニ店舗対抗戦】オーサカ店鋪対ナゴヤ代表担当、オーサカ店鋪全国1位

 どうも。Mizukiです。

 今回は8/27日に全国のポケモンセンターで行われたビクティニ店舗対抗戦に参加してきました。予選を通過し代表入りし、見事8勝2敗でオーサカ店舗初優勝をすることが出来ました。

 

 使用したPTはこちらです。

f:id:mideki_pokemon:20170901024454p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901043824j:image

  1.  個別解説
  2. 構築経緯
  3. 構築解説
  4. 代表戦の奇跡
  5. 今回の優勝を通して
  6. 今後

 

1.個別解説

f:id:mideki_pokemon:20170901025004p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901033413j:image

ギガイアス】こだわり鉢巻 ゆうかん

個体値:S04V 努力値:HA252B4 すなあらし

いわなだれストーンエッジ

・だいばくはつ ・じしん

 

本構築でルガルガンのすなかきを発動させるため+トリル後に暴れるポケモン

トリックルームを使うことが多く、代表選でも活躍してくれたポケモン。代表選で奇跡を起こすポケモン(後述)

 

f:id:mideki_pokemon:20170901025033p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901033427j:image

ルガルガン】@きあいのタスキ ようき

個体値:5V 努力値:AS252H4 すなかき

いわなだれストーンエッジ

・挑発 ・まもる

 

ビクティニの上から殴ることが出来、選出の段階から圧力をかけるポケモン。殆ど本番では見せポケであった。しかし、ギガイアスのトリル意識を無くすためのルガルガンは強すぎる部分があり、選出の段階でビクティニを後発にするしか相手はすることが出来ず、岩タイプに有利なポケモンを先発にしてくるため、トリルがしやすい行動をとることが出来た。

 

f:id:mideki_pokemon:20170901025054p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901033432j:image

ペルシアン】@バンジのみ ようき

個体値:5V 努力値:HS252B4 ファーコート

ねこだましすてゼリフ

・さいみんじゅつ ・イカサマ

 

本構築において立ち回りを加速させるポケモンねこだましによる初手の安定さ、ビクティニペルシアンに対して打点がないことが採用した大きな要因である。代表選でのMVP。ねこ+すてゼリフとかいう動きが良すぎる点。。

 

f:id:mideki_pokemon:20170901025121p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901034106j:image

ビクティニ】@こだわりスカーフ ようき

個体値:5V 努力値:HS252A4 しょうりのほし

・いのちがけ ・Vジェネレート

しねんのずつき ・とんぼがえり

 

本大会の絶対選出ポケモンにして本構築のメイン。基本的な動きとしては、

①序盤でいのちがけして隣でミミッキュがトリルしてカビゴンが腹叩いて無双

②とんぼ返りしながらサイクルを回して、終盤でいのちがけやVジェネを高いSから放つ

です。

スカーフいのちがけが考察してて1強でしょ。と思っていたのに何故か守る採用する普通の型もそれなりにいた件。ビクティニの良いところはスカーフを持たせるとカプ系のSを全て上回り、コケコのスカーフ以外ならH100からはなたれるいのちがけで落とせるので、強すぎます。

 

f:id:mideki_pokemon:20170901025130p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901035338j:image

ミミッキュ】@ゴーストZ いじっぱり

個体値:5V 努力値:HA252B4 ばけのかわ

・シャドークロー ・じゃれつく

・みちづれ ・トリックルーム

 

一番使ったポケモン。予選ではカビゴンの助けをしてくれました。このポケモンは基本的にいのちがけを使うスカーフビクティニを止めることが出来、ビクティニに対して打点があるので選出を絞ることが出来ます。ビクティニが絶対選出ならミミッキュ絶対選出したらアド取れますよね?という考えです。ちなみにミミッキュミラー怖かったのでSはVにしています。

 

f:id:mideki_pokemon:20170901025136p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901035930j:image

カビゴン】@フィラのみ わんぱく

個体値:5V 努力値:HABD調整 くいしんぼう

・おんがえし ・はらだいこ

・リサイクル ・まもる

 

確実に役立ったポケモン。シンプルにはらだいこ型強くね?とwcsで再確認させられました。採用理由として、いのちがけで退場するビクティニとトリルの相性が良すぎた点です。カビゴンは今年は嫌ほど対策や考察がされているため、解説は省きます。ww

 

2.構築経緯

ビクティニを考察するといのちがけの型が強すぎるため、即スカーフで採用。とんぼ返りとかいうスカーフと相性が良すぎる技を持っており、これしかないと判断した。基本的にビクティニミラーに絶対なるので、スカーフ型が使い方が上手いと私は考えました。wcsでミミカビをwolfeが使っており、いのちがけと相性が良いため採用。エルフーンが怖いと思い、単純に押し切る選出も考え、ビクティニにスカーフを持たれても上から動くことができる砂かきルガルガンを採用。砂要因とトリル後アタッカー要因でギガイアスも採用した。残るは安定したサイクルを回すためにペルシアンを採用。この前からペルシアンはvgc2017で強いと考えていたので、使うことが出来て良かった。

 

3.構築解説

本質として、

ギガイアスルガルガンで先発ビクティニをけん制

②ミミカビによる単純な安定した並びでトリルはらだいこ

ペルシアンのサイクル回しによりトリルしなくてもカビゴンの動きをサポート

です。

 

選出は、

いわなだれで押し切れるPTの時orキッズが対戦相手になった時に即座に終わらす時

先発:ギガイアス ルガルガン

後発:ビクティニ カビゴン

 

②基本的にどの構築に対してもアドを取りやすい選出

先発:ミミッキュ ペルシアン

後発:ギガイアスorカビゴンビクティニ

 

③めんどくさい時(爆発します)

先発:ギガイアス ミミッキュ

後発:ビクティニ カビゴン

 

4.代表戦での奇跡

まずは言葉ではあるが試合を見てもらいたい。

選出

                        自分                          相手

先発:ペルシアン ビクティニ カビゴン ヤレユ

後:ギガイアス カビゴン テッカグヤ ビクティニ

 

初手:

ペルシアンがヤレユに猫をうつも精神力を忘れており大プレミ。カビゴンに無償ではらだいこを積まれてトリルされる。

 

2手目:

カビゴンいわなだれでヤレユが采配。

ペルシアン引いてカビゴンを出す。一回カビゴンが雪崩を避けたためアド。ビクティニが落ちたため、テッカグヤの処理が絶望。

 

3手目:

ペルシアンカビゴンに猫。

カビゴンを引いてギガイアスを出す。

この時点でトリルが切れる前にカビゴンとヤレユの采配を押すだけで相手の方は確定されていた。残りの勝ち筋はギガイアスで怯ませて同時にヤレユを倒し、ペルシアンのイカサマを当てること。

 

4手目:

見事怯み、ヤレユも落ちる。イカサマが決まり会場が盛り上がる。そして私も盛り上がった。

 

5手目:

相手の通信障害の切断によりこちらの勝ち。正直詰めが見えていたのでやっていたとしてもこちらの勝ち。

 

 私の試合がオーサカ店舗で最後であり、この試合に勝たなければ優勝出来ない状況だった。皆が見守る中試合は開始。ここで負けたらwcs目指してますなんて言えないと思い、ノートとペンを出してガチで勝ちに行きました。制限時間99秒目一杯使い、なんとか初手のプレミを取り返すことに成功した。代表の人達には、プレイングと盤面を読む力が凄すぎると言われ、こちらも嬉しく思った。結果的に岩雪崩に頼る結果となったが、勝ちは勝ち。カビゴンを残した意味も最後に詰めることが出来た要因の1つである。後ろでスタッフが私の英語romの言語が読めない読めないと嘆いていた記憶がある。スタッフが私の試合をモニターではないため口頭で解説してくださり、私のプレイングを観客に届けることが出来て嬉しく思う。

 

5.今回の優勝を通して

 

私まだ一度も公式大会に顔を出したことがないため雰囲気がわからないが、観客や対戦仲間と一緒になって盛り上がる楽しさを知った大会であった。オフとは違う緊迫した雰囲気で、皆が勝ちたいと思っている気持ちがひしひしと伝わる代表戦でした。ポケモンのイベントや大会では今回が初めて優勝という形を取らせてもらい、非常に嬉しく思いました。店舗はヒロシマとサッポロも1位ではあったが、オーサカ店舗はどちらの店舗にも代表戦では勝利しているため、実質優勝とスタッフが言っていた。店舗とはいえ全国優勝?をすることが出来た。しかもチーム戦。実力はwcs並のものを持つものは勉強している私とトモだけだと考えていたが、以外にもプレイングが皆上手くて驚いた。オーサカ店舗での初めての優勝に貢献できて本当に嬉しく思う。

また、私はオーサカ店舗の代表戦で雰囲気作りに貢献もしたと思っている。流石に盛り上げないとスタッフさんもかわいそうだし、そちらの方が面白いと考え、怯んだらガッツポーズや叫んだり大きな声で皆がアドを取った時や勝った時は叫んだ。店員も代表戦で盛り上げようと頑張っている僕に気づいたのか、話しかけてくれるようになり、その点も楽しく思えた。普段から盛り上げようとする心は常に持って大学でもムードメーカーの立ち位置で動いているため、こういう場でも発揮できて嬉しい。

 

6.今後

vgc2017ではvgc2016よりも考察して、自分が納得いくPTを作れた。しかし、結果は予選落ち。非常に悔しかった思い出しかなかった。締めくくりがポケセンの大会で優勝したとはいえ、あまり嬉しい気持ちはない。関西グロリアでベスト16になった時はもしかして…と期待していた自分を恥ずかしく思う。中途半端にせず、来年のvgc2018は本気で大学生活の勉強時間以外はポケモンに捧げるつもりで取り組みたいと考えている。結果に伴わなくても、大学生活の間に海外の大会には行って、一生の思い出にしたい。ポケセンの大会とはいえビクティニの考察のように環境を読み、ガチ勢にもエンジョイ勢にも勝てる構築を持っていけたこの感覚を忘れずに、来年のJCSまでに力をつけたいと思います。

ヒロシマとサッポロの1位もおめでとうございます!!

オーサカの代表の方々、お疲れ様です。

長すぎてごめんなさい。ここまで見てくれた方はいるのかな…?いたらありがとうございます。お疲れ様でした。