構築記事や考察

ポケモンの大会やオフの記事などを書きます。

〜PJCS2017使用構築 "みずびたし"〜

どうも、ミズキです。

みなさん、JCS予選お疲れ様でした。

私が今年のJCS予選で使った構築はこちらの6体です

f:id:mideki_pokemon:20170509153811j:image

とりあえず個別解説からしていきます。

f:id:mideki_pokemon:20170509155416j:image

カプ・レヒレ@スカーフ

控えめ個体、H204D52S252

配分理由:

控えめS252スカーフで準速フェローチェ抜き

H204D52でフィールドなし珠コケコの10万確定耐え

・みずびたし 

・熱湯

・濁流

ムーンフォース

今回のギミック始動役、準速フェローチェ抜きなのでムンフォかませます。

f:id:mideki_pokemon:20170509160111j:image

カミツルギ@拘り鉢巻

陽気個体、A196D60S252

配分理由:臆病キュウコンのダブルダメ吹雪+霰ダメ確定耐え

みずびたし後のリフブレでB補正HB252軌跡ポリ2確定1発

・リフブレ

せいなるつるぎ

・スマートホーン

・つじぎり(はっぱカッター)

ギミックアタッカー。鉢巻の採用理由は、珠などのダメ計ではなく火力補正なしのダメ計で耐久調整してるものが多くいたので、それを崩すべく鉢巻採用。

リフブレだけでも無振りガブを低乱数1発なため、火力の高さが伺える。

f:id:mideki_pokemon:20170509160718j:image

ガラガラ@ふといホネ

慎重個体、H204A124D180

配分理由:不明

フレアドライブ

・ホネブーメラン

・シャドーボーン

・まもる

コケコとカミツルギ対策。コケコが環境に死ぬほどいるため、採用。ウインディとの明確な差別化は、ウインディと対面した時の強さ、電気を吸える避雷針の強さです。

また、トリル後のアタッカーとして活躍してくれました。

f:id:mideki_pokemon:20170509161017j:image

テッカグヤ@食べ残し

慎重個体、H252B108D148

配分理由:

コケコの10万耐えやウインディのフレドラ耐え意識

・ヘビーボンバー

かえんほうしゃ

やどりぎのタネ

・まもる

コケコやカミツルギやテテフに圧力をかけるために採用。また、スタンに見せかける要因の一つでもあります。

ギミックで突破できなかった時の安定の引き先で、ガラガラと同様に活躍してくれました。

f:id:mideki_pokemon:20170509161249j:image

ポリゴン2@軌跡

穏やか個体、H244B12D252

配分理由:特殊環境のためHD

・冷凍ビーム

・10万ボルト

・自己再生

トリックルーム

トリル要因。ギミック突破が難しいPTに対する明確な回答だと考えています。

ポリゴン2の強さは皆さんが一番わかってると思うので書きません。

f:id:mideki_pokemon:20170509161515j:image

 ギガイアス@イワZ

勇敢個体、H252A252B4

配分理由:特になし

・岩雪崩

ストーンエッジ

ワイドガード

・まもる

Z要因+トリル後アタッカー。このギミックはZ技を使わないため、Z技を誰にするか迷っていましたが、トリルと相性が良く、またZ技をもたせやすいギガイアスが正解でした。

 

【構築経緯】

この構築はトモさんとこばやんさんとの三人の共有構築です。

始めにトモさんと大学で1日かけて考えてました。その時に私達はスタンを使おうとしていました。ある時私がレヒレの技のページを見ていた時、ある技が目にとまりました。それは、【みずびたし】です。みずびたしは、相手のタイプを水タイプにする技です。私はこの時、雷に打たれたような衝撃を受けました。

(もしかして、レヒレにスカーフを持たせてカミツルギで水タイプにしたポケモンにリフブレ打ったら、S109未満のポケモンは全て狩ることができるのでは?)

これがこの構築の始まりでした。この構築の最大なや特徴は、カミツルギで狩ることができないテッカグヤウインディを1発で狩ることが出来るということです。正直、めちゃくちゃ強いです。

しかし、このギミックの弱点も存在します。それは、S109以上のポケモン猫騙しによるギミック防止、襷持ちのポケモン、スカーフポケモンです。

しかし、この2体のギミックだけでここまで対策の範囲を絞ることが出来ることは素晴らしいことだと思います。

主な対策先は、

・カプ・コケコ ・カミツルギペルシアンハリテヤマプテラエルフーンフェローチェキュウコン 

残るは、スカーフポケモン、襷持ちです。

スカーフポケモンは、

スカーフガブリアス、スカーフテテフ、スカーフツルギなどです。

襷持ちはウツロイドプテラミミッキュ…etc

それを補完すべくSで負けているならトリルすれば良い、という考えで、トリルを裏に置いた構築にしました。当初はカビゴンを採用していました。

その時の構築がこちらです。

f:id:mideki_pokemon:20170509155201j:image

しかし、あまりガブリアスの選出の仕方、さらにガブリアスの採用理由がわからず、解雇

困ってる時にこばやんさんに相談したところ、ギガポリにして、テッカグヤを入れて苦手なカミツルギやテテフの対策が出来るようにしました。

そしてできた構築が先程紹介したあの構築でした。

構築自体は悪くなかったのですが、C日程前に途中の某動画サイトの大会にてある人がみずびたし構築を使われ、ギミックバラしてしまいました。私たち三人の他にもみずびたし構築を使っていた人はまあまあいたみたいです。ですが、この時にみずびたし構築を全国ネットに晒された僕の気持ちは、一生忘れることはないでしょう。

 

【選出】

初手からギミックが通る場合

先発レヒレ+カミツルギ

後発 相手のPTを見て2体の補完

主な選出)

ガラガラ+テッカグヤ

ポリゴン2+ガラガラ

ポリゴン2+ギガイアス

ギミックが通らない場合

先発ポリゴン2+何か

後発 ギガイアス カミツルギなど

 

【PJCS結果】

A.B.C日程共に16-4が最高でした。

予選落ち。

 

QRチーム】

QRレンタルチーム「レヒレスタンと見せかけたギミックPT」のページ|ポケモングローバルリンク https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-73F4-4360 #pgl

 

【最後に】

このギミックはS109以下全てを狩ることができます。正直対策のしようが難しく、プレイングが上手い人が使うと止まらない構築になるかもしれません。

このギミックは自分で言うのも恥ずかしいですが、かなり強いギミックだと思います。

そのため、一人でも多くの人に知ってもらいたいと思い、この構築記事を作成しました。全国大会、世界大会でこの構築を発展、もしくは対策されることを願っております。

今年の共有構築をしてくれたトモくん、こばやんくんに感謝です。

みなさん!来年も頑張りましょう!(^^)