読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構築記事や考察

ポケモンの大会やオフの記事などを書きます。

第一回ユキノオー杯

どうも。ミズキです

この度は7thGSをやりたいという個人的な願望から開催しようと考えました!

と、いうことで、第一回ユキノオー杯を開催します!(ユキノオーが好きなだけです)

注:7世代GSに変更しました。

f:id:mideki_pokemon:20170522111039j:image

 

大会ルール:6thGSルール準拠(vgc2016)

注:Z技使用可能、アローラポケモンありです

形式:bo1or3トーナメント式

使用ソフト:SM

参加人数:最低8枚以上で開催

日時:5月26日21時〜

景品:今の所なし(考え中です)

参加申請方法

HN:

フレコ:

ID:

を明記してリプかDM下さい。

申請締め切り:20時まで

 

当日の流れ

20時半:点呼(呼びかけツイートしますのでそのツイートにファボ)

21時〜対戦開始

以下通知していきます

 

bo1かbo3と景品については考え中です。

とりあえず久しぶりにGSして皆さんでスカッと気分転換しましょう!

何か忘れてたら連絡下さい。

 

〜PJCS2017使用構築 "みずびたし"〜

どうも、ミズキです。

みなさん、JCS予選お疲れ様でした。

私が今年のJCS予選で使った構築はこちらの6体です

f:id:mideki_pokemon:20170509153811j:image

とりあえず個別解説からしていきます。

f:id:mideki_pokemon:20170509155416j:image

カプ・レヒレ@スカーフ

控えめ個体、H204D52S252

配分理由:

控えめS252スカーフで準速フェローチェ抜き

H204D52でフィールドなし珠コケコの10万確定耐え

・みずびたし 

・熱湯

・濁流

ムーンフォース

今回のギミック始動役、準速フェローチェ抜きなのでムンフォかませます。

f:id:mideki_pokemon:20170509160111j:image

カミツルギ@拘り鉢巻

陽気個体、A196D60S252

配分理由:臆病キュウコンのダブルダメ吹雪+霰ダメ確定耐え

みずびたし後のリフブレでB補正HB252軌跡ポリ2確定1発

・リフブレ

せいなるつるぎ

・スマートホーン

・つじぎり(はっぱカッター)

ギミックアタッカー。鉢巻の採用理由は、珠などのダメ計ではなく火力補正なしのダメ計で耐久調整してるものが多くいたので、それを崩すべく鉢巻採用。

リフブレだけでも無振りガブを低乱数1発なため、火力の高さが伺える。

f:id:mideki_pokemon:20170509160718j:image

ガラガラ@ふといホネ

慎重個体、H204A124D180

配分理由:不明

フレアドライブ

・ホネブーメラン

・シャドーボーン

・まもる

コケコとカミツルギ対策。コケコが環境に死ぬほどいるため、採用。ウインディとの明確な差別化は、ウインディと対面した時の強さ、電気を吸える避雷針の強さです。

また、トリル後のアタッカーとして活躍してくれました。

f:id:mideki_pokemon:20170509161017j:image

テッカグヤ@食べ残し

慎重個体、H252B108D148

配分理由:

コケコの10万耐えやウインディのフレドラ耐え意識

・ヘビーボンバー

かえんほうしゃ

やどりぎのタネ

・まもる

コケコやカミツルギやテテフに圧力をかけるために採用。また、スタンに見せかける要因の一つでもあります。

ギミックで突破できなかった時の安定の引き先で、ガラガラと同様に活躍してくれました。

f:id:mideki_pokemon:20170509161249j:image

ポリゴン2@軌跡

穏やか個体、H244B12D252

配分理由:特殊環境のためHD

・冷凍ビーム

・10万ボルト

・自己再生

トリックルーム

トリル要因。ギミック突破が難しいPTに対する明確な回答だと考えています。

ポリゴン2の強さは皆さんが一番わかってると思うので書きません。

f:id:mideki_pokemon:20170509161515j:image

 ギガイアス@イワZ

勇敢個体、H252A252B4

配分理由:特になし

・岩雪崩

ストーンエッジ

ワイドガード

・まもる

Z要因+トリル後アタッカー。このギミックはZ技を使わないため、Z技を誰にするか迷っていましたが、トリルと相性が良く、またZ技をもたせやすいギガイアスが正解でした。

 

【構築経緯】

この構築はトモさんとこばやんさんとの三人の共有構築です。

始めにトモさんと大学で1日かけて考えてました。その時に私達はスタンを使おうとしていました。ある時私がレヒレの技のページを見ていた時、ある技が目にとまりました。それは、【みずびたし】です。みずびたしは、相手のタイプを水タイプにする技です。私はこの時、雷に打たれたような衝撃を受けました。

(もしかして、レヒレにスカーフを持たせてカミツルギで水タイプにしたポケモンにリフブレ打ったら、S109未満のポケモンは全て狩ることができるのでは?)

これがこの構築の始まりでした。この構築の最大なや特徴は、カミツルギで狩ることができないテッカグヤウインディを1発で狩ることが出来るということです。正直、めちゃくちゃ強いです。

しかし、このギミックの弱点も存在します。それは、S109以上のポケモン猫騙しによるギミック防止、襷持ちのポケモン、スカーフポケモンです。

しかし、この2体のギミックだけでここまで対策の範囲を絞ることが出来ることは素晴らしいことだと思います。

主な対策先は、

・カプ・コケコ ・カミツルギペルシアンハリテヤマプテラエルフーンフェローチェキュウコン 

残るは、スカーフポケモン、襷持ちです。

スカーフポケモンは、

スカーフガブリアス、スカーフテテフ、スカーフツルギなどです。

襷持ちはウツロイドプテラミミッキュ…etc

それを補完すべくSで負けているならトリルすれば良い、という考えで、トリルを裏に置いた構築にしました。当初はカビゴンを採用していました。

その時の構築がこちらです。

f:id:mideki_pokemon:20170509155201j:image

しかし、あまりガブリアスの選出の仕方、さらにガブリアスの採用理由がわからず、解雇

困ってる時にこばやんさんに相談したところ、ギガポリにして、テッカグヤを入れて苦手なカミツルギやテテフの対策が出来るようにしました。

そしてできた構築が先程紹介したあの構築でした。

構築自体は悪くなかったのですが、C日程前に途中の某動画サイトの大会にてある人がみずびたし構築を使われ、ギミックバラしてしまいました。私たち三人の他にもみずびたし構築を使っていた人はまあまあいたみたいです。ですが、この時にみずびたし構築を全国ネットに晒された僕の気持ちは、一生忘れることはないでしょう。

 

【選出】

初手からギミックが通る場合

先発レヒレ+カミツルギ

後発 相手のPTを見て2体の補完

主な選出)

ガラガラ+テッカグヤ

ポリゴン2+ガラガラ

ポリゴン2+ギガイアス

ギミックが通らない場合

先発ポリゴン2+何か

後発 ギガイアス カミツルギなど

 

【PJCS結果】

A.B.C日程共に16-4が最高でした。

予選落ち。

 

QRチーム】

QRレンタルチーム「レヒレスタンと見せかけたギミックPT」のページ|ポケモングローバルリンク https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-73F4-4360 #pgl

 

【最後に】

このギミックはS109以下全てを狩ることができます。正直対策のしようが難しく、プレイングが上手い人が使うと止まらない構築になるかもしれません。

このギミックは自分で言うのも恥ずかしいですが、かなり強いギミックだと思います。

そのため、一人でも多くの人に知ってもらいたいと思い、この構築記事を作成しました。全国大会、世界大会でこの構築を発展、もしくは対策されることを願っております。

今年の共有構築をしてくれたトモくん、こばやんくんに感謝です。

みなさん!来年も頑張りましょう!(^^)

 

 

 

関西グロリアBest16 構築記事

どうも、ミズキです。

今回は関西グロリア改めせやなオープンでBest16にまで行くことが出来たので、構築記事を書くことにしました。

使った構築はこちらです。構築の構成の経緯の後個別解説します

f:id:mideki_pokemon:20170227152353p:image

今回の関西グロリアは本当に強者揃いでした。参加者申請を見ていた時に、(本当にグロリア権利獲得出来るのか…?いや予選通過も危ういぞこれ…)と思いました。本当に名の知れた人ばかりで、ビクビクしながら構築作ってた事を覚えています(笑)

構築を作るにあたり、自分は海外の構築にあるトリックルーム構築に目をつけました。トリックルーム下で動けるアタッカーはカビゴンや最近ではめざ氷を持ったクワガノンなどをよく見かけますが、私はギガイアスに注目しました。ギガイアスは日本でもよく見ますが、本当に純粋にギガイアストリックルーム対策?としているだけで、トリックルームを絡めた構築は少なくなって来たと思います(あくまで個人的な感想です)

以上のことより、ギガイアスポリゴン2を用いたスイッチ構築を作ることを念頭にPT作り開始。

カプ系はSと電気枠を兼ねて安定のカプコケコを採用。Z持ちは勿論ガブリアス。威嚇枠でウインディ。ラストは最初はテッカグヤを採用していました。理由としては、当初スカガブを採用していたので浮いてる枠が欲しかったからです。が、地震Zの強さに惹かれ、テッカグヤの枠はレヒレやギガイアスを彼らポケモンで一定のラインを超えるSを持つスカーフカミツルギを採用しました。

以上でPTは完成です。カビゴン重いことに後から気づきました(笑)

 

個別解説

f:id:mideki_pokemon:20170227210644j:image

カプ・コケコ@命の珠

エレキフィールド

10万ボルト マジシャ 挑発 守る

臆病H4CS極

 

安定のCS。控えめコケコが最近強そうと思っていましたが、育成間に合いませんでした(笑)

選出率はあまり高くなかったので、もうちょっとここの枠は煮詰めたいです。

 

f:id:mideki_pokemon:20170227210912j:image

ガブリアス@地面Z

鮫肌

炎の牙 地震 毒突き 守る

陽気H4AS極

調整知らないのでぶっぱ。毒突きよりもっといい技絶対ありますよね。ほんと。毒突きをあまり使わないイメージ強いです。ですが、安定した火力と立ち回り方が出来るので本当にこいつは有能です

f:id:mideki_pokemon:20170227211209j:image

ウインディ@オボン

威嚇

フレドラ ワイボ 神速 守る

意地HA極D4

調整知らないのでブッパしました。砂ダメ考慮してH少し下げるべきですよね。フレドラ最少ダメとかあるならそれにしたい。

威嚇と安定した火力でこいつも選出率は高く、ガブリアスと共に活躍してくれました。オボン強いよほんと。

f:id:mideki_pokemon:20170227211428j:image

カミツルギ@スカーフ

ビーストブースト

リフブレ 聖剣 スマホ 辻斬り

陽気H4AS252 

上から叩けて本当に強い。スカーフの喜びを知ってしまってからスカーフしか使ってません(笑)

カビゴンのために格闘Zもたせたりして対策するのもアリですね。ウインディに格闘Zもあり。

トリル切れた後にこいつが無双する動きが強すぎました。

対策枠のウインディギガイアスで対策できるので、噛み合わせがうまくなってますよね。

f:id:mideki_pokemon:20170227211726j:image

ギガイアス@硬い岩

砂嵐

雪崩 エッジ 鈍い 守る

勇敢H248A252B8

強すぎます。トリル貼るときに放置されてポリゴン2に集中されることが多いので、動きやすいです

対策枠のガブはポリゴン2の冷ビで上手く補完ができています

火力高すぎてビビります。

f:id:mideki_pokemon:20170227211932j:image

ポリゴン2@キセキ

ダウンロード

冷ビ 自己再生 トリル 守る

図太いH248B252D8

守るを採用することにより集中を避けることができます。冷ビだけでも充分戦えた気がします

守るは海外で少し見たのですが、ポリゴン2は守を読まれにくく、集中してトリルする前に倒す作戦を皆考えている?ので、守るにより集中をカバーできます。その間、隣のポケモンが動けるのでアドが取れる。

 

ギガイアスポリゴン2はトリル後に強く出ることが出来、不利なポケモンを四匹で補うだけで圧倒的有利な試合運びが可能です。ギガイアスはAが高く、現環境トップウインディポリゴン2の冷ビで同じくトップのガブを狩ることが出来ます。この並びはうまいことなってるなーと参考にしていて思いました。

 

選出

ギガイアス ポリゴン2

ガブorカミツルギ ウインディ

❷コケコ ガブリアス

 ウインディ ポリゴン2

 

以上になります。

やっと自分が納得のいく構築を作ることが出来たと思います。JCSに向けて構築を作る力も高めていきたいと思います。

 

対戦相手など

1回戦 remonさん 負け×

単純に使い慣れてなかったからだと思います。自分が情けない試合をしたなと実感してる

2回戦 雨トノさん 勝ち◯

トリックルームが刺さったのでそのままギガイアスポリゴン2で押し切って勝ち。

3回戦 makoさん 勝ち◯

ギガイアスポリゴン2ミラーでした。ウインディをガブが地震Zで倒したので、カミツルギが終盤三体倒して無双、勝ち

彼もギガイアスポリゴン2の良さを知っていて、話が盛り上がりました(笑)

4回戦 みずみさん 勝ち◯

ポリゴン2の守るが活躍しました。中盤みずみさんの選択時間切れが響いて勝ち。本当は負けていました

5回戦 kazukiさん 勝ち◯

ウインディが活躍した試合。ポリゴン2のトリル後ウインディのSより早いポケモンを狩り、終盤トリル切れた後はスカーフカミツルギが無双。やったぜカミツルギ

この試合は配信台でtwitchで配信されました。序盤アド取られましたがなんとか勝つことが出来ました!!嬉しい

6回戦 さめさん 勝ち◯

序盤から交代読みなどを決めたり、交代読み交代を決めたりして勝ち。選出の段階で相手側は厳しそうだったので、PTの相性は本当に重要だと実感しました

7回戦 ハル231さん 負け×

面白い構築でした。ポリゴン2のトリルをある技で止められ、負けました。ですがポリゴン2の守るが活躍したりして、面白い試合だったと思います。

 

決勝トナメ1回戦 さーさん 負け×

言い訳はしない主義なのでしません。自分の詰めの甘さを実感しました。悔しい

 

感想

決勝トナメを抜けた時、多くの人からリプライをもらったり、ペニーワイズさんからは、「凄すぎます、頑張って!」という感じのリプをもらった時、決勝トナメを抜けた嬉しさがこみ上げました。見学で参加したやまちゃーくんとは同じ高校で知り合いで、やまちゃーくんも予選抜けを喜んでくれました。元々グロリアやオフに参加したきっかけがやまちゃーくんと話をしたからなんです。彼には少しではありますが、色々教えてもらいました。

本当に今回のグロリアは得るものが多かったと思います。構築を練る際、協力してくれたいぶさんや沢山の方に感謝です!

この機会をバネに以降のオフでも結果を残していきたいです!!

最後までお付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

VGC2017ーガルーラ単体考察ー

どうも。ミズキです。

本日2月17日行われた北河内オフでガルーラを使った構築で挑みましたが、予選落ちしてしまいました。

しかし、私の使い方が悪かっただけで、このガルーラというポケモンは使い方次第では活躍させることが可能です。

今回はVGC2017のガルーラについて考察していきたいと思います。

f:id:mideki_pokemon:20170218231547j:image

まず、ガルーラの種族値は、

105-95-80-40-80-90 合計490

となっております。

メガガルーラより少し種族値は劣りますが、十分使えるポケモンです。コケコやテテフくらいなら意地252恩返しで8〜9割持って行くことができます。強い。

使える技

猫騙し 恩返し(八つ当たり) 瓦割り 巴投げ 不意打ち 吠える じならし

となっております。

なんと、じならしによるS操作、瓦割りによるオーロラベールの破壊、巴投げ、吠えるによる積み技やトリルの回避、猫騙しによる初手の安定さ、恩返しのノーマルの通りの良さ、恩返しで削った後に大体2〜1割残る体力を削る不意打ち

以上のことが可能です。

今までのガルーラは、高火力を使って攻撃するものでしたが、メガ進化しなければ、サポートやアタッカーにもなる便利屋となるのです。

ですが、良く聞かれます。

「持ち物はどうするの?メガ石かな??www」

勿論最適なものがあります。

"突撃チョッキ"です!

吠えるを採用する場合はオボンの実で場持ちを良くすることが可能ですが、ほとんど使える技が攻撃技となっております。これは、6世代の時も同様です。そこで突撃チョッキを持たせる事により、特殊アタッカーが多数存在する現環境に対応する事が出来ます。

このように、VGC2017のガルーラは使い方や構築によっては、面白いポケモンになると思っています。

皆様も、一度、ガルーラを入れてSDなどでPTを組んで見てはいかがでしょうか。

 

参考程度に私のガルーラです

ガルーラ@突撃チョッキ

HAS意地

猫騙

・恩返し

・瓦割り

・不意打ち

 

 

【S17】ダブルレート構築記事 及びORAS、ポケモンへの気持ち

どうも。ミズキです。

最高最終レートは1769でした。

f:id:mideki_pokemon:20160924074425p:image

この記事では僕の二つの構築と、ORASの感想及びアローラダブルへの想いなどを書いていこう思います。

 

【構築の経緯】

(S17は何を使えば?)

元々GSルールから自分は入りました。GSルールでは伝説をサポートしながら戦うという戦略が100%だったので、ある程度戦うことは出来ましたが、全国ダブルでは自分で軸を決め、メガ枠を決め、そしてGSとは違い一貫性も気にしなくてはなりません。

 シンオウダービーで初めて通常ダブルの構築を作りましたが、その時も約1.2ヶ月はかかりました。環境を見て構築を作るとなると、苦労するものです。

そして僕は思いました。

「霰使うか。」

天候(霰)の戦い方はシンオウダービーの時に嫌ほど研究しました。

全国ダブルでよく使われるランドロスボルトロスなどにも強いので、霰パを作ることにしました。

 

1回目 霰パ

f:id:mideki_pokemon:20160924074220p:imagef:id:mideki_pokemon:20160924074224j:imagef:id:mideki_pokemon:20160924074227p:imagef:id:mideki_pokemon:20160924074230p:imagef:id:mideki_pokemon:20160924074234p:imagef:id:mideki_pokemon:20161007091559p:image

ユキノオー@スカーフ 

臆病cs252h4

吹雪 エナボ シャドボ 気合玉

ゲッコウガ@珠

むじゃきa188c68s252

吹雪 岩雪崩 けたぐり まもる

ガルーラ@石

陽気AS252H4

猫騙し 捨て身タックル けたぐり 不意打ち

ランドロス@とつげきチョッキ

陽気AS252H4

岩雪崩 地震 はたき落とす 馬鹿力

ファイアロー@拘り鉢巻

意地っ張りHA252S4

ブレバ フレドラ 蜻蛉返り

キリキザン@襷

いじっぱりAS252H4

不意打ち はたき落とす アイへ 守る

 

このPTはどこかのブログの人の構築を参考にしました。

ユキノオナイトをスカーフに変えたぐらいで、ほぼ同じとなっております。

神山オフや結構長いこと使いましたが、レートは1600台止まりでした。

SMのためにも現在強い「ガルーラスタン」なるものを使い、次の世代で活かせる知識を手に入れようと思い、ガルーラスタンのPTを作りました。

それがこれです↓

 

2回目(最終)

 

f:id:mideki_pokemon:20161007091138j:image f:id:mideki_pokemon:20161007091203j:imagef:id:mideki_pokemon:20161007091212j:imagef:id:mideki_pokemon:20161007091218j:imagef:id:mideki_pokemon:20161007091225j:imagef:id:mideki_pokemon:20161007091231p:image

 

 

ガルーラ(先程と同じ個体)

 

ニンフィア@命の珠

控えめ(めざ地個体)H252C248B4

ハイボ ムンフォ めざ地 まもる

 

ボルトロス@オボン

臆病(めざ氷個体)H252B248S8

10万ボルト めざ氷 電磁波 まもる

 

ヒードラン@シュカ

控えめH252C252D4

熱風 大地の力 身代わり まもる

 

ランドロス(先程と同じ個体)

 

クロバット@メンハ

臆病H252S252D4

追い風 怒りの前歯 ファスガ 挑発

 

ガルニンフでお馴染みのハイボブッパ構築です。ニンフとクロバットにしたのは9/5のポケセンの大会でクロバニンフの並びが強いことを知り、是非ダブルレートでも使いたいと考えました。メガ枠は勿論がるニンフの並びもできるガルーラに、残りの3匹はテンプレのボルトランドドランにしました。初めの方はハイボでほぼ勝てましたが、レート1700台になるに連れて、ハイボのタイミングを考えるようになり、面白い試合ができるようになったと思います。200戦ほどして結果は1769。僕の6世代ダブルレートは一ヶ月くらいで幕を閉じました。

 

【ORASの感想、アローラダブルへの想い、今後の自分】

ポケモンを始めたきっかけは高2の10月にWCS2015の世界大会の動画を見たことです。ビエラさんのプレイングに惹かれ、ポケモンを始めました。推薦が決まり、やりたいことが出来るようになったので、 2016年1月にポケモンXY、ORAS、合計4romを買いました。厳選環境が整って、WCS2016の存在を知りました。この時点で3月。私は参加したいと思い、グラードンカイオーガレックウザゼルネアスイベルタル…etc 様々な伝説や準伝説を厳選しました。そしてbig6の存在に気付き、対戦経験もなかったのでbig6でjcs予選に臨みました。ここまでの10日間ほどスペレでプレイングの練習をしました。結果は勿論予選敗退。当然のことでした。そしてダブルレートも始め、シーズンは終了。現在私はグロリア大阪予選の参加のため再びGSの考察をしています。WCSのwolfさんのプレイング、素晴らしいPT、SMの発表。僅か半年ほどではありましたが、ORASにはたくさんの思い出があります。

アローラダブルではメガ進化禁止により、一般ポケモンの活躍が期待できます。Z技の使い所なども考察していきたいと思います。更にWCSレートの追加。vgc2017のルールはすでに楽しみです。

 SMと共に私は来年の4月から大学生となります。バイトや勉強、地元の行事、友達付き合い、青春(笑)などなど、ポケモンと共にすることが山ほどあります。ですが、これらをすべて両立することにより、自分が成長できるのではないか、と考えております。

ポケモンをして自分は変われたと思います。現在モチベだけ高いマンなので第7世代ではプレイングも高くしたいと思います。

ORASありがとうございました。

GS記事はグロリア終わってから書こうと思います。

【ポケセン】レックウザ大会 構築記事

二回目の投稿です。

今回は9月3/4日に開催されたポケセンの大阪の大会に行ってきました。

7月くらいに発表されてから、二ヶ月間環境を考えPTを作りました。まあ当日行ってみると予想通りのポケモンばっかりでカモれました。

今回のPTはニンフィアを活躍させたいと思い、他2匹はニンフのサポートや互換を意識しました。

f:id:mideki_pokemon:20160905154954p:image

戦績的には12勝でMaxまで勝てました。時間はギリギリでしたが、面白いルールで楽しかったです。

抽選券は2枚持ちでしたが、見事抽選落ち。まあ世の中こんなもんですよね(笑)

では個別紹介です。

f:id:mideki_pokemon:20160905155022j:image

ニンフィア@命の珠

H64C248S196(めざ地面個体)(控えめ)

ハイパーボイス ムーンフォース めざ地面 まもる

今回のエース枠。レックウザ大会なんか知りません(笑)

めざ地面はヒードランや鋼意識です。後述のクロバットの前歯との組み合わせで苦手なポケモンは葬れました。

半端な耐久では前歯とハイボで落ちていきました。ハイボ強し。

f:id:mideki_pokemon:20160905155447p:image

クロバット@ラムの実

H252B4S252(臆病)

いかりのまえば 挑発 ファストガード 追い風

ニンフのSサポート役。初手追い風安定です。

一回ボルトロスと当たって初手挑発打たれて置物になりました。ダブルレートではボルトロスも多いので追い風を安定的に貼るにはメンタルハーブでもよかったのかも知れません。

f:id:mideki_pokemon:20160905155914j:image

ヒードラン@シュカの実

H248B4C252D4(控えめ)

かえんほうしゃ だいちのちから りゅうのはどう まもる

ニンフィアで削った後の削り役。熱風はガルドなどのワイガ警戒で外しました。

打点がない状態でのドランはほぼ無双でした。

f:id:mideki_pokemon:20160905171005j:image

レックウザ@襷

H4A252S252(意地っ張り)

ほぼ活躍はなし。最後に神速打つ試合が何試合かあっただけでした。神速マジ強かったです。ですが優先度+2からの神速は本当に強かった。アローより早いので終盤神速でアロー落とした時は流石にこいつは禁伝だと自覚しました(笑)

 

選出

先発:クロバット ニンフィア

後続:ヒードラン レックウザ

この選出で固定です。ハイボが癖になりました。

 

感想

ガチ勢などはいましたが、やはり環境考察してただけにニンフィアはあまり見ませんでした。フェアリーほぼガン刺さりでした。こういう大会もありだなと思います。SMでも是非やって欲しいですね

それではまた。

 

 

 

シンオウダービー構築記事【ノオーグレイシアで釣る】

初投稿となります。ミデキと申します。

この度シンオウダービーの構築記事を遅くなりましたが書かせてもらいます。

f:id:mideki_pokemon:20160809000843j:image

 32戦26勝6敗最高最終レート1764

96位でした!

中々上位に入れてよかったです。

今回は有名なノオーグレイシアの構築を作りました。

今回の大会は初めてのGS以外のダブルバトルということで気合いが入っていました。学校の授業中や休み時間、通学途中、放課後や休みの日もずっとネットなどで調べながら構築を考えていました。そこでわかったことが、今回は雨パが強いということ。2009年のルールとは違い、夢特性の導入によってこの大会の環境は大きく変わるとわかりました。そこで頭角をだしていたのが雨パでした。天候には天候をぶつければ良い、と考え、霰に手を出しました。元々天候には憧れを抱いていて、使ってみたいと思っていたので良かったです。霰パーティはトリルやS操作を使って吹雪をするのがセオリーですが、自分のオリジナリティを出したいと思い、思い切ってS操作はスカーフに頼りました。ノオーグレイシアはガブリアスやサンダーなど、KPが高そうなポケモンに抜群を取れる吹雪が使えます。よってノオーグレイシアが確定。このタッグで抜けないものが炎、鋼、岩でした。具体的なポケモンは、ウインディメタグロスハッサム、エンティ、バシャーモリザードンなどの晴れパなどなど、沢山のポケモンに有効打が取れませんでした。そのため、ノオーグレイシアで釣ることを考えました。

このPTのコンセプトは、「ノオーグレイシアで押し切る、苦手な物は他の4匹で排除。」です。

炎に抜群を取れるプテラ、鋼に有効打があるハリテヤマ、岩に有効打があるエンペルト、何してくるかわからない不確定要素排除用のラティオス

この4匹で埋め合わせをし、PTが完成しました。実際に、ノオーグレイシアに釣られて出されるポケモンが多かったため、プテラハリテヤマエンペルトを使い処理しました。霰を魅せて霰を使わない。これも戦術の一つです。

ノオーグレイシアが一貫しているPTにはこの二体を初手選出し、吹雪ブッパゲーでした。

 

 

それでは個別紹介

 

ユキノオー@タスキ(ゆきふらし)

f:id:mideki_pokemon:20160809001423g:image

個体値:S05V(冷静)

努力値:HC252A4

吹雪 エナジーボール 氷の礫 まもる

 

ゆきふらし要因。

後述するグレイシアに比べれば火力はないですがグレイシアと並べて吹雪を打った時は快感でした。

他にも雨パポケモンにエナボが打てたりマリルリにもエナボが打てたりして使いやすかったです。

唯こいつが落とされて霰がなくなった後グレイシアが腐って負けた試合がいくつかありました。

 霰のダメージでちょい残りが多々ありましたので礫もかなり活躍しました!

 

グレイシア@スカーフ(ゆきがくれ)

f:id:mideki_pokemon:20160809001433g:image

個体値:31-×-31-30-31-30めざ炎個体(臆病)

努力値:CS252H4

吹雪 めざ炎 水の波動 シャドボ

 

この構築の主軸。

スカーフ型がS110族まで抜けるのでガブリアストゲキッスラティオスなどはカモでした。ひかりのこな+ゆきがくれがよく見る型ですが、自分はとにかく意表を突きたくてスカーフにしました。

実際showdownでもスカーフ型と見抜かれず倒した敵も少なくはなかったです。

まだ試験的に対戦している時に外国人の方に「君の構築は面白い!是非構築を教えて欲しい!」と言われました。

これがきっかけとなり、スカーフ型を採用したのかもしれません。

ゆきがくれで回避して勝った試合もありました。対戦相手には申し訳ない。

めざ炎は完全にハッサムピンポイントです。

鉢巻バレパンだと倒されてしまうので後述で出てくるハリテヤマ猫騙し打ってもらいめざ炎打つ展開がほとんどでした。

中々読まれにくくカモにできました。

 

ラティオス@眼鏡(ふゆう)

f:id:mideki_pokemon:20160809001443g:image

個体値:非理想個体31-×-29-31-31-31(臆病)B2抜け

努力値:CS252H4

流星群 サイコキネシス 10万ボルト トリック

 

一番選出率が少なかったポケモン

予想外のポケモンがいた時はこいつの流星群でどうにかしてた印象です。

何かとこのPTを助けてくれた裏方さん。

 

エンペルト@オボン(激流)

f:id:mideki_pokemon:20160809001451g:image

個体値:A抜け5V(控えめ)

努力値:HC252B4

吹雪 凍える風 熱湯 まもる

 

何気に場に居座り活躍してくれたポケモン

サブ吹雪アタッカーも読まれにくくいい仕事をした。

しかし、凍える風を使う機会があまりにもなかった。

サーナイト結構いたからラスターカノンの方がよかったと後悔。

 

ハリテヤマ@突撃チョッキ(あついしぼう)

f:id:mideki_pokemon:20160809001500g:image

個体値:C抜け5V(ゆうかん)

努力値:AD252H4

バレットパンチ 猫騙し はたき落とす インファイト

 

意外にMVP大賞。

ウインディやエンティが中々いそうと思いハリテヤマを採用。

思った通り活躍してくれました。ポリゴン2にはたき落とすも入れれることができ、火力が欲しかったらインファイトでゴリ押しのイメージでした。

バレパンで落としたポケモンは中々多かった気がする。

 

プテラ@命の珠(緊張感)

f:id:mideki_pokemon:20160809001508g:image

個体値:C抜け5V

努力値:H28A252S228(Sはスカーフ最速ドーブル+1調整)

岩雪崩 地震 挑発 まもる

 

速い。この一言。

上から岩雪崩で運ゲーは最高でした。

狙われやすいのでまもるを採用。まもるが活躍した試合も多かったです。

挑発はトリルやマリルリのはらだいこやスカーフドーブル用に採用。

残念ながら使えたのはトリルとはらだいこを止める時だけでした。しかし、このおかげで勝てた試合は大きかったです。

木の実封じも中々役に立ちました。

 

選出

ノオーグレイシアが一貫している場合

先発:ユキノオー グレイシア

後発:ハリテヤマプテラ

この選出が良かった。吹雪で与えてから微量の体力を耐久力の高いハリテヤマとSの速いプテラでお掃除。上手く行った時はとても嬉しかったです。

 

ノオーグレイシアで釣れそうなポケモンが一杯いる時

先発:ハリテヤマ プテラ

後発:エンペルト ユキノオー

ハリテヤマプテラで場を整えつつ交代を重ね徐々にダメージを与えました。

釣れる試合が多すぎて困った。

 

時にはこんな選出も…

先発:グレイシア ハリテヤマ

後発:ユキノオー プテラ

初手でユキノオーの警戒を薄れさせ、後ろから出して吹雪。というものです。

こちらもよく勝てました。

 

【最後に】

今大会は久しぶりに活躍するポケモンが多く面白い大会でした。

SMでもこんな大会があればまた参加します。

SMまではバトルロードグロリアと最終S17のランキング上げとポケセンチャンピオン決定戦に努めます。

バトルロードグロリア頑張るぞ。