Mizukiのブログ

ポケモンの大会やオフの記事などを書きます。

VGC2018 5月JCS共有使用構築 最高最終レート1699 とも式カビクレセクチート Mizuki視点 

 どうも、Mizukiです。

 今回は今年のPJCS2018で使用した構築を紹介したいと思います。

 本構築は、私たちの界隈、近大ボーイズで共有して使用していました。構築の発案者は「とも」というプレイヤーです。今回のPJCSでは、ほかの使用者合わせて合計6~7romくらいで使用していました。

 使用した構築はこちらです。

f:id:mideki_pokemon:20180519235433p:plain

 ともくんから構築を提供してもらったので、私はメジャーな構築に対しての立ち回りや選出などを研究しました。

 かなり構築としての完成度が高く、多くのプレイヤーから賞賛されました。今回は構築経緯からプレイングまで全て公開します。

 また、QRパーティーも公開していますので、是非使用してこの構築の強さを体感してください。

 

 1.構築経緯

 2.構築紹介

 3.各構築に対しての選出

 4.この構築の立ち回り

 5.PJCS2018で感じたこと

 6.QRパーティー公開

 7.感想など

 

1.構築経緯

 この構築は同じ界隈の、「とも」が作りました。そもそも去年のJCSから共有構築は始まりました。それは、水浸し構築です。レヒレがスカーフ水浸しでカミツルギが殴ってeasywinをする。私にとって、レヒレグロスのようなプレイングでなんとかする構築より、「何か明確な勝ち筋があった方が勝率が高い」というスタイルの方が勝ちやすいことに気づきました。

   私はギミック系を好み、現に入賞しているのはギミック系です。

   3月のINC前に、私は使う構築がなくて悩んでいました。私達は1月から定期的に考察会をしていました。ある時に、一つの構築をともくんが紹介してくれました。それは、この構築です

f:id:mideki_pokemon:20180520111010j:image

   最初は私もリザ構築かと思いましたが、カビクレセを軸にしてクチートで自己暗示をする構築だとわかりました。初めてのフレ戦の時はボコボコにされました(笑)

   この構築私は惚れ込み、使用することにしました。

   構築をともくんが提供してくれたので、私は立ち回りや各構築に対しての選出などを研究することにしました。しかし、威嚇ガオガエンの解禁によりあまり猛威を振るうことなく、残念な結果に終わってしまいました。(ともくんは1700後半まで行きました)

   そして四月に、ともくんがコケコをレヒレに変更した構築を持ってきました。今回の構築ですね。ガエンに特化してミズZを採用しているので環境に適応していると考えました。

   選出などは私がメジャーな構築の個体を全て用意して、模擬戦を何度もして各構築に対する立ち回りを明確にしていきました。本当に個体を用意するのは苦しかったです。模擬戦をして行くにつれて、辛いポケモンも出てきましたが、後に掲載されている選出に落ち着きました。

   電車などの移動時間や空いた時間は全てSDをしていて、ともくんが瞬間一位、私が瞬間20位まで今回の構築で到達しました。

   PJCSで使った理由としては、レート戦の予選なのでどのプレイヤーに対してもeasywinが狙える構築を採用したかったからです。

 

2.構築紹介

f:id:mideki_pokemon:20180519235622p:plain

メガリザードンYf:id:mideki_pokemon:20180520001132p:plain

特性:もうか⇒ひでり

持ち物:メガ石

性格:ひかえめ

努力値:H236 B100 C28 D4 S140

実数値:183-*-111-201-136-138

調整理由:S⇒最速70族抜き(メガラグyやルンパなど)

技構成:

-まもる

ソーラービーム

かえんほうしゃ

‐ねっぷう

 

 この構築の偽装枠。完全にリザ軸と勘違いして選出する人に対してはeasywinできます。基本的には対雨に対してのみ選出します。それ以外では選出しません。

 このポケモンの採用理由としては、偽装と対雨です。他5体では対雨がやりにくいので、リザードンを採用しました。

 技構成に関してですが、普通の技構成です。しかし、jcsが終わってから火炎放射の枠を日本晴れにしても良いと思いました。ソーラービームはメガラグの処理のために採用。炎技はナットレイハッサム用に。

   日本晴れがなかったため、ペリッパー引っ込めラグ出しを読んでソラビ当てまくりました。そうしないと次ターン後ろからペリ出されて天候変わるんで、強気に行動しました。

 

f:id:mideki_pokemon:20180520001653p:plain

霊獣ランドロスf:id:mideki_pokemon:20180520001743p:plain

特性:いかく
持ち物:とつげきチョッキ
性格:いじっぱり
努力値:H252 A44 B44 D156 S12
実数値:196-188-116-*-120-113
調整理由:上から殴る構築ではないので、耐久重視
技構成:
-いわなだれ
‐じしん
‐はたきおとす
‐とんぼがえり

 

   万能ポケモンこんにちは。

   基本的にコケコがいる時、ランドが刺さる時に出します。トリルを貼るターンに合わせてトンボを打って、トリル初ターンからカビを展開出来るようにします。

   技構成ですが、はたき落とすがメガゲンの処理用に採用しました。理由としては、地震だと後ろからブルルを出されて威力が半減してしまうからです。火力があまりないのは、この構築の核になるものがクレセリアなので、手助けで火力は補正できると考えたからです。

   電気ポケモンに対しては初手ランドクレセと投げます。初手サイチェンと地震押せば大体は通るので、オススメです。むしろ電気タイプはカモですね。リザ軸見てるから余計に初手電気出してくるので、本当に起こり得ることです。

   特にこのポケモンに関しては不満はありません。電気Zを何回も透かしてくれた天才なので、大活躍してくれました。

やるやんランドロス

 

f:id:mideki_pokemon:20180520002224p:plain

カプ・レヒレf:id:mideki_pokemon:20180520002237p:plain

特性:ミストメイカ
持ち物:ミズZ
性格:ひかえめ
努力値:H236 B20 C252
実数値:175-*-138-161-150-105
調整理由:H⇒16n-1
技構成:
-まもる
‐めいそう
ムーンフォース
‐だくりゅう

 

   万能ポケモン2きました。

   基本的にはバレルやガエンに対して投げます。ミズZはガエンを一発で飛ばしてくれるので迷わず採用しました。レヒレが刺さる場合はレヒレクレセでドンドンごり押していきます。

   技構成は、瞑想が気になりました。この構築はレヒレで瞑想を積む暇がないので、瞑想を一度も使うことはありませんでした。なので、挑発や黒い霧などに変更して良かったのかもしれません。QRではカビミラー対策で黒い霧を採用しています。

   バレルに対して投げても大した打点がないのがきつかったです。

   しかし、手助けミズZで大体のポケモンは飛んで行くので、快感でした。

ヒレは絶対ミズZやで。

 

f:id:mideki_pokemon:20180520003345p:plain

メガクチートf:id:mideki_pokemon:20180520003356p:plain

特性:いかく⇒ちからもち
持ち物:クチートナイト
性格:ゆうかん
努力値:H252 A252 D4
実数値:157-172-145-*-116-49
調整理由:特になし
技構成:
-アイアンヘッド
-いわなだれ
‐ふいうち
‐じこあんじ

 

   本命のメガ枠です。

   カビゴンの太鼓が決まればこいつで自己暗示を狙って行きます。A+6の手助け不意打ちはレヒレをも落とす高火力です。上からガエンを不意打ちでしばけます。

   技構成は、守るを抜いています。元々守ったところでアドを取れるポケモンではないので、守る読み放置や、サイチェンで積極的に攻撃していきます。雪崩はガエンに対しての打点です。手助け雪崩でも抜群なら一発で落とす火力を持っています。カビゴンが落とされてもこのポケモンで詰めれるプランがあるのでめちゃくちゃ強かった。

 

f:id:mideki_pokemon:20180520003408p:plain

クレセリアf:id:mideki_pokemon:20180520003419p:plain

特性:ふゆう
持ち物:イアのみ
性格:なまいき
努力値:H228 B36 D252
実数値:224-*-144-*-200-81
調整理由:H⇒4n S⇒最遅
技構成:
-トリックルーム
-サイドチェンジ
ひかりのかべ
‐てだすけ

 

   ワンチャンメガ枠説∑d(*゚∀゚*)

   100%選出です。雨以外にはおそらく100%初手に出します。マッチングして選出画面に行けばこいつを1番手に選出しましょう。

   本当にこいつには感謝してもしきれません。

   技構成はカビゴンや他のポケモンで殴るので、全て補助技です。まあどこぞのクレセカビのパクリですが…。(笑)

   トリルをしないと始まらないので、全ての勝ち筋は「クレセのトリルを決める」ことに繋がってきます。なので、クレセを落とさせずに絶対にトリルを出来る盤面を整えることが重要です。電気Zはランドとサイチェンで透かします。水Zはレヒレとサイチェンで透かします。格闘Zはサイチェンで透かします。とにかくサイチェンです。

   やることがない時は反復横跳びしましょう!

 

f:id:mideki_pokemon:20180520003428p:plain

カビゴンf:id:mideki_pokemon:20180520003437p:plain

特性:くいしんぼう
持ち物:フィラのみ
性格:のんき
努力値:H244 A68 B196
実数値:266-139-121-*-130-31
調整理由:カビミラー意識でHB
技構成:
-まもる
-はらだいこ
‐じしん
‐やつあたり

 

   ワンチャンというか、実質メガ枠ポケモン

   全ての試合はこいつを展開出来るかで決まります。

   とりあえずはらだいこを打ちましょう。クリスモやくろいきり警戒の時は手助け恩返しで確定二発のところまで持っていきます。次のターンははらだいこしてこなかったので相手は殴ってきます。そこではらだいこを打ちましょう。

   技構成はクレセカビ特化で地震です。カビ単体で処理できないナットレイやカグヤは無理やり太鼓地震や恩返しで突破します。なお、こいつらは最後まで残して放置しておきます。

 

  3.各構築に対しての選出

1.対テテフグロス(トドン入り&バンギoutガエンin)

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520010136p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520010143p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520010210p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520010214p:plain

 

シンプルにバレルがいないので勝ちやすいです。トドンのクリスモが負け筋なので、トリルターンに太鼓を積む盤面を作ることを意識します。全面的に太鼓KOを狙っていきます

 

2.対レヒレグロス(テンプレ)

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520010453p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520010456p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520010529p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520010536p:plain

 

初手クレセカビやで。。

バレルをケアする為にクチートのアイへでダメージを稼いでいきます。

プレイングや練習を積まないと負ける可能性が高いです。特に相手が高レートであればあるほど。

 

2.1対レヒレグロス(ガエン入り)

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520010744p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520010749p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520010653p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520010802p:plain

 

いうたら一番辛い。

初手ガエンなら、ガエンバックバレル安定なので釣ってクチートで落としましょう。バレルさえ落とせればこちらのものです

 

3.対コケコグロス

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520010903p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520010908p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520010922p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520010927p:plain

 

一番やりやすいです。

大体リザ見てるので初手コケコガエンとかで投げてきます

その時は初手ランドが地震、クレセがサイチェンで透かしましょう。

 

4.対ゲンガエン

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520011015p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011029p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520011046p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011051p:plain

 

フェアリーを後ろに配置することで勝率を高めます。ガエンやらブルルやらでカビを展開する暇がないので、カビゴンの出番はありません

初手ゲンガエンなら、ランドが地震、クレセがサイチェンです

 

5.対サナガエン(バレル入り)

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520011142p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011149p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520011215p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011219p:plain

 

もうバレル多すぎ。。

バレルの処理はクチートです。さらにサナもクチートで圧力をかけれるので、優先順位はガエンを水Zで落とすことですね。サイクルを止めましょう

 

5.2対サナガエン(ガルド入り)

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520011312p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011320p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520011331p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011335p:plain

 

勝ちやすいです。たまにバレルなしサナガエンがいるので、それに対してはランドでガンガン攻めていきます。と思ったら3ターン目くらいでとんぼトリルしてカビ展開します

 

6.対バシャキザン

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520011430p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011438p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520011510p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011514p:plain

 

一番きついです。当たったらほぼ負けと思って対戦します。

自分でバシャキザン使ってemolgame載せといてあれなんですけど、増えて欲しくないです。勝ちにくくなるので。

メガ枠はバシャーモに刺さってないと思うので選出しません。

キザンの処理は。。。頑張りましょう

 

7.対雨パ

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520011550p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011556p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520011614p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011619p:plain

 

初手カビでルンパの猫を誘導します。その時にクレセを出して、リザはメガなしで守ります

これで2ターン目に晴れ展開出来るので、アドアドです

試合をしてわかったことは、日本晴れが欲しい盤面が多くありました。明らかにここペリッパー出てくるやん、ってわかるので、その時に日本晴れを展開して雨展開を阻止したかったです。QRでは日本晴れを採用しています

 

8.対ライボルト

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520011652p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011657p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520011705p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011708p:plain

 

ゴチルはカモです。太鼓を積みましょう

 

9.対リザ

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520011759p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011805p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520011814p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011820p:plain

 

カビ展開ミラーが予想されるので、初手クレセカビで良いのかもしれません。あまりjcsでは当たりませんでした

 

10.対ゴチクチ雨

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520011932p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520011946p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520012024p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520012028p:plain

 

当たりませんでした。ゴチルはカモ

 

11.対ガチトリル

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520012114p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520012120p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520012139p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520012145p:plain

 

当たりませんでした。トリルミラーはカビさえ大事にすれば勝てるので、カビを落とさないように立ち回るよう心がけます

 

12.対CHALK系統

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520012250p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520012237p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520012301p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520012305p:plain

 

比較的勝ちやすいです

カビ展開したらこちらのテンポになります

ガルーラの猫やドランなどの身代わりだけ注意して立ち回りましょう

 

13.見たことないもの、分からない時

初手:

f:id:mideki_pokemon:20180520012423p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520012412p:plain

後発:

f:id:mideki_pokemon:20180520012438p:plainf:id:mideki_pokemon:20180520012447p:plain

 

わからんやつはクレセカビ投げとけ感

 

4.この構築の立ち回り

   リザは見せポケです。対雨以外は選出しません。

   基本的にはクレセ+カビ+クチート+ランドorレヒレという選出の仕方です。構築によってレヒレかランドでどちらが刺さるか考えるだけです。言うなれば基本選出ですね。選出が5秒で終わるので相手に圧力をかけられます。

   一番大事なことは、クレセを大事にすることです。どうしてもトリルを張らないとかの構築は始まらないので、クレセリアを大事にしましょう。サイチェンも駆使して半分きのみを無理やり発動させるなどして、場に居座り続けましょう。

対雨は、リザで圧力をかけていきます。雨マンダコケコはコケコをトリル下で晴れ下熱風通して勝ちましょう。

   

5.PJCS2018で感じたこと

   やはりカビの太鼓対策が皆さん充分していて驚きました。レヒレに黒い霧を採用したり、ブルルから挑発が飛んできた時もありました。ただ、ガエンはこちらの構築は水Zや高火力なので、サイクル戦をする構築に対しては高い勝率を叩き出す事ができます。辛いポケモンは、モロバレルただ一匹です。同速クリスモが本当に不毛なので、皆さんクリスモ不採用でよろしくお願いします。

 

6.QRパーティー公開

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4491-A866

 

7.感想など

   44戦で1699。このゲームを本格的に初めて三年目ですが、今年は本当に成長出来たと思います。オフでも入賞出来て、何よりこんなにポケモンのことを日常的に考えることも今年が初めてでした。

   何より、一緒に考えてくれた、ともくん、こばやん、てふさん、いぶさん、ぐぐえくん、ヘルガくん、すずらんくん、あかばさん、その他沢山の人にこの一年はお世話になりました。本当に感謝しています。

   最近はしらぬいさんとも仲良くなり、嬉しい限りです。

   今後は、リアルにうつつを抜かすことなく、来年のルールも頑張りたいと思っています。

ありがとうございました!!!!!

全国大会のサブイベ行くので、みなさんあった時は記念撮影やフレ戦しましょう!(^ν^)

 

本構築を共有した人

・とも ・Mizuki ・こばやん その他

 

原案であるともくん視点のブログ↓

URL

【ポケ勢がポケモンの考え方で恋愛をする方法】Part.1 ポケモンを恋愛に変換編

   どうも。Mizukiです。

   突然ですが、皆さんは恋人はいますでしょうか。

f:id:mideki_pokemon:20180425131535j:image

「そんなのおらん。」「ポケモンが彼女」「中学の時はいた。」「彼女出来るのが勝ちなん?喧嘩売ってる?」

   いろんな声が聞こえてきますが、大概の男性や女性は一貫して「恋人が欲しい」と思っていると思います。そんな僕もその中の1人で、恋人が欲しいです。ですが、そんな簡単に恋人が出来るわけがありません。

 

   今回紹介することは、

ポケモンの考え方で女の子を落とす方法】

です!!!!!!!

   ポケモンの考え方を恋愛などの日常生活に活かすことは出来ないか、と独学で考えていたときに、恋愛が最も当てはまると思ったので恋愛に置き換えることにしました。

   今回のお話では、私なりのポケモンに置き換えながら恋愛をする恋愛観です。そもそも恋愛をゲームのように考える人はあまりいないと思うのですが、あくまで一個人としての考え方だと思って聞いてくれたら幸いです(笑)

 

   私情ではありますが、私には最近恋人が出来ました。また、異性と関わる機会や遊ぶ機会が増えてきました。

   私は元々特に仲の良い友達もいない、冴えないゲームアニメオタクでした。もちろん異性関係もあるわけがありません。

 

   しかし、ある時期から急に異性と関わる機会が増えてきました。

   その時期とは、「ポケモンの勝ち方を本気で考え始めた時期」と重なります。それでは、ポケモンと恋愛で、私がどのように結びつけて考えていったのか説明したいきます。

 

   そもそもポケモンの対戦の流れとは、

 

構築を作る

個体育成

レートに潜る

対戦相手とマッチング

相手の構築を見て選出

対戦

勝敗が決まる

 

と言う順番だと思います。私たちは「勝つ」ために構築を作ることから始めます。誰も負けるために構築を作らないと思います。

   このことは恋愛でも同じことが言えると私は思っています。ポケモンの目標が「勝つこと」だとすると、恋愛の目標は「異性とお付き合いすること」だと思います。

   このように置き換えると、次のようにになります。

 

構築を作る

(=内面や外見、コミュ力などのトーク力を上げようと考える。また、どのようにすれば自分が魅力的に見えるのか考える


個体育成

(=先ほど考えたことを実践する)

ex) 服装をかっこよくしたい→服を買いに行く

     髪型を変えたい→美容院で流行りの髪型にす

     る

     顔が格好悪い→スキンケアなどで清潔感を出

     す


レートに潜る

(=異性と関わることが出来るコミュニティに行く)

ex)クラスの教室に行く

     バイト先に行く

     習い事に行く

     塾に行く

     合コンに行く

対戦相手とマッチング

(=自分が狙いたいと思った子を見つける)

相手の構築を見て選出

(=相手に自分はこんな性格だよ、こんなことするのが好きだよ、とアピールする&相手の性格や趣味などを理解する)

対戦

(=狙った異性と仲良くなる、狙った異性とご飯に行く、狙った女性とデートに行く)

勝敗が決まる

(告白して付き合うor振られる)

 

   うまく置き換えられていますでしょうか。少なくとも私はこの考え方が一番妥当かな、と思います。

   ポケモンは一見対戦することが一番メインと思われがちですが、その過程の「構築作成段階」がかなり重要だと思います。

   恋愛に置き換えてみると、自分を良くすることです。自分が清潔感がない、髪型がダサい、服装がダサい、コミュ力がないのであれば、当然モテません。しかし、それを良くしようと思えば出来るのです。第7世代に入ってから「おうかん」アイテムが登場しました。あのアイテムの効果は、「個体値を底上げすること」です。現実も同様で、清潔感がないなら清潔感を出せば良いのです。

 

   「この構築かなり○○苦手やねんな〜。」

よくあることです。しかしポケ勢の皆さんはこの時に、苦手なポケモン(重いポケモン)を少しでも楽に対処するはずです。コミュ力がないならコミュ力を付ければ良い話なのです。

 

「それが出来たら苦労せんわ。」「んなことできるか!」

f:id:mideki_pokemon:20180425131744j:image

   当然です。苦手なことを得意にすることは難しいです。この時に努力値を思い出して見てください。あるところに努力値を振ることで能力値が上昇します。これは現実でも同じで、努力すれば得意になるのです。   

 

「努力は無駄にならない」

これは過去の偉人やスーパースターが証明してる宇宙の原則です。

 

もしあなたが恋人が欲しいと思っていて、能力値がどこか足りていないなら、努力することをオススメします。

 

長くなりましたが、本記事はPart毎に分かれていて、

構築作成(自分磨き編)女性のターゲットに入るような男になる

ex)服装、髪型、コミュ力など

異性にどのような場所で関われるのか

異性にアタック編

デート→告白までの終盤の詰めの盤面編

 

を目安に構成して記事を書いていこうと思っています。あくまで本記事はお試しです。要望や評価が良ければ続編を書いて行く予定です。

みなさんのご意見を是非私に教えて下さい

 

 

 

 

Accelgor and Palossand Party!!

 

Hi. My name is Mizuki. In this article, I will introduce a gimmick party. A assembly held in Japan, and I became best 8 player. I refered to Matthew Hui's party. I've remodeled it to make it easier to use it. 

It's party is here.

f:id:mideki_pokemon:20180106230713p:plain

I will learn more about this.

 

[Individual introduction]

1. Tapu Lele

f:id:mideki_pokemon:20180109180159p:plain

Tapu Lele @ Choice Scarf
Ability: Psychic Surge
Level: 50
EVs: 108 HP / 4 Def / 164 SpA / 4 SpD / 228 Spe
Modest Nature
IVs: 0 Atk
- Psychic
- Moonblast
- Dazzling Gleam
- Gravity

 

This Pokemon is something that can be written as a field worker in a building. Accelgor Acid Spray and Psychic, which we will describe later, can defeat roughly any pokemon. Scarf Tapu Lele was used for the first time, but it was a pleasure to attack in Psychic from the top of the Tapu Koko. It is also possible to Genger-Mega's hypnosis with Gravity  and can launch hypnosis.

 

2. Accelgor

f:id:mideki_pokemon:20180109180237p:plain

Accelgor @ Psychic Seed
Ability: Unburden
Level: 50
EVs: 252 HP / 116 SpD / 140 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Protect
- Acid Spray
- Final Gambit
- Water Shuriken

 

"""""Are you kidding me?????"""""

This Pokemon is the two main parts of this construction. It is possible to drop the pokemon of the Psychic of Tpu Lele and Acid Spray of Accelgor. Moreover, the fortress castle is completed by beating to the Plossand described later by Water Shihuriken. Basically, it is fighting to take 1-1 in Final Gambit when it is done.

 

3. Plossand

f:id:mideki_pokemon:20180109180713p:plain

Palossand @ Weakness Policy
Ability: Water Compaction
Level: 50
EVs: 252 HP / 4 Def / 252 SpD
Calm Nature
IVs: 0 Atk / 2 Spe
- Shore Up
- Earth Power
- Amnesia
- Shadow Ball

This Pokemon is the two main parts of this construction. By making the Speed individual value V, we can attack Earth Power from the top of the Mawile. The fortress is already completed if it gains Amnesia if this Pokemon's Defense is improved 6 power by Water Compaction. 

Plossand is God!!!!!!

 

4. Kommo-o

f:id:mideki_pokemon:20180109180747p:plain

Kommo-o @ Kommonium Z
Ability: Soundproof
Level: 50
EVs: 68 HP / 252 Atk / 4 Def / 52 SpD / 132 Spe
Jolly Nature
- Protect
- Close Combat
- Poison Jab
- Clanging Scales

This pokemon has increased recently. If you do not use Plossand, it fights as an axis to Kommo-o.

 

5. Genger-Mega

f:id:mideki_pokemon:20180109180843p:plain

Gengar-Mega @ Gengarite
Ability: Shadow Tag
Level: 50
EVs: 60 HP / 4 Def / 188 SpA / 4 SpD / 252 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Protect
- Hypnosis
- Shadow Ball
- Sludge Bomb

Genger-Mega employed as a Mega-pokemon 1 bought ratings from Shadow Tag and High Speed. This Pokemon is strong when Accelgor is partner. 

 

6. Charizard-Mega-Y

f:id:mideki_pokemon:20180109180854p:plain

Charizard-Mega-Y @ Charizardite Y
Ability: Blaze
Level: 50
EVs: 252 HP / 140 Def / 84 SpA / 12 SpD / 20 Spe
Modest Nature
IVs: 0 Atk
- Protect
- Heat Wave
- Overheat
- Solar Beam

This construction is difficult for steel type to process. So, this Pokemon employed Mega Pokemon 2.

 

[Elect]

1. Palossand case

First: Tapu Lele and accelgor

f:id:mideki_pokemon:20180109181235p:plainf:id:mideki_pokemon:20180109180237p:plain

Back: Plossand +Genger-Mega or Charizard-Mega-Y

f:id:mideki_pokemon:20180109180713p:plainf:id:mideki_pokemon:20180109180843p:plain or f:id:mideki_pokemon:20180109180854p:plain

 

2. Kommo-o case

First: Tapu Lele and Accelgor

f:id:mideki_pokemon:20180109180159p:plainf:id:mideki_pokemon:20180109180237p:plain

Back: Kommo-o +Genger-Mega or Charizard-Mega-Y

f:id:mideki_pokemon:20180109180747p:plainf:id:mideki_pokemon:20180109180843p:plain or f:id:mideki_pokemon:20180109180854p:plain

 

[Final]

This construction was published in Emolgame.

URL is here. 

http://www.emolgame.jp/blog-entry-182.html

Thank you for reading!

 

 

 

 

【第17回あいオフ】決勝トナメBest8ーテテフアギルダーシロデスナー

 

どうも。Mizukiです。

今回は1月6日に開催されたあいオフに大阪から遠征をして行ってきました。

結果は、予選スイスドローを抜けて決勝トナメ二回戦で負けました。Best8です!!

今回はBest8になった構築を紹介していこうと思います。

使用PTはこちらです。

f:id:mideki_pokemon:20180106230713p:image

 それでは、紹介していきます。

 

【個別紹介】

 

カプ・テテフ

f:id:mideki_pokemon:20180109180159p:plain

性格:控えめ

特性:サイコメイカー

持ち物:こだわりスカーフ

種族値:70-85-75-130-115-95

努力値:H108 B4 C164 D4 S228 

実数値:159-×-96-188-136-144

調整:S228→スカーフ準速ランド抜き

技:サイコキネシス ムーンフォース

    シャドーボール じゅうりょく

 

本構築のフィールド要員としてかかせないもの。後に記述するアギルダーのアシッドボムとサイキネで大体のポケモンは沈みます。テテフのスカーフは初めて使用しましたが、コケコの上からサイキネで飛ばすの快感すぎました…

また、じゅうりょくと後に記述するメガゲンガーの催眠術で催眠を仕掛けることも可能です。

 

アギルダー

f:id:mideki_pokemon:20180109180237p:plain

性格:臆病

特性:かるわざ

持ち物:サイコシード

種族値:80-70-40-100-60-145

努力値:H252 D116 S140(A0個体)

実数値:187-67-60-120-95-201

調整:S140→素で最速130族抜き

        H252→H実数値187までのポケモンをいの

                    ちがけで確定1発 

技: まもる アシッドボム

     みずしゅりけん いのちがけ

 

本構築の要その1。アシッドボム+テテフのサイキネで大体のポケモンを落とすムーヴが可能です。また、みずしゅりけんを取得しており、後で述べるシロデスナに打つことで要塞城が完成します。基本的にやることが終わればいのちがけで1-1を確実にとっていく立ち回りです。

 

シロデスナ

f:id:mideki_pokemon:20180109180713p:plain

性格:おだやか 

特性:みずがため

持ち物:じゃくてんほけん

種族値:85-75-110-100-75-35

努力値: H252 B4 D252(A0個体.S31個体)

実数値:192-×-131-120-139-55

調整:特になし

技: すなあつめ ドわすれ

     だいちのちから シャドーボール

 

本構築の要その2。S個体値をVにすることでクチートなどの上からだいちのちからが打てるようにしています。みずがためによりB6段階upすればこちらのもので、ど忘れさえ積めばもう要塞が完成します。ただでさえ適当にすなあつめを打つだけでトリルターン消費出来るのに、能力値upは犯罪ですよ。。普通に耐久とか高すぎてビビりました。

 

ジャラランガ

f:id:mideki_pokemon:20180109180747p:plain

性格:ようき

特性:ぼうおん

持ち物:ジャラランガZ

種族値:75-110-125-100-105-85

努力値: H68 A252 B4 D52 S132

実数値:159-162-146-108-132-134

調整:S132→ジャラランガZの後最速130族抜き

技: まもる スケルスノイズ

     どくづき インファイト

 

最近増えてきたドンジャラポケモンの一人。今回のオフでは10人がジャラランガを採用し、「そのPT、ジャラランガ重くない?」が現実味を帯びてきた。あまり選出は後半していないが、軽視すべきポケモンとはあまり思えない。(ほったらかしたら暴れるため)

 

メガゲンガー

f:id:mideki_pokemon:20180109180843p:plain

性格:臆病

特性:のろわれボディ→かげふみ

持ち物:ゲンガナイト

種族値: 60-65-80-170-95-130

努力値: H204 B4 C44 D4 S252

実数値: 161-×-101-196-116-200

調整:S252→最速130族

技: まもる さいみんじゅつ

      シャドーボール ヘドロばくだん

 

メガ枠その1。ゲンガーはかげふみと高いSから評価を買って採用。シロデスナと弱点が被ってしまい、決勝トナメで響いてしまったことは否めない。しかし、毒技が強すぎる。もっとCに割くべきだったと考えております。

 

メガリザードンY

f:id:mideki_pokemon:20180109180854p:plain

性格:控えめ

特性:もうか→ひでり

持ち物:リザードンYナイト

種族値: 78-104-78-159-115-100

努力値: H252 B140 C92 D4 S20

実数値: H252B140→ランドロスのダブルダメ

                                 雪崩耐え(だったような)

技: まもる ソーラービーム

      ねっぷう オーバーヒート

 

本構築メガ枠2枠目。鋼がキツイため、圧力をかけるために採用。結果、ゴーストの一環をこいつも消すことはできず、試合で活躍はあまりできなかった。しかし、ドンジャラ強い。

 

【構築経緯】

あいオフに構築を持っていくために海外の大会の結果を見ていて、本構築のシロデスナを抜いたものを見つけた。PGLで調べるとシロデスナがはあった構築があり、その構築を自分なりに改良して今回のオフに臨みました。アギルダーシロデスナがやはり鍵となります。プレイングは前のめりな動きができて、常に相手を圧迫するような構築になっています。

 

【選出】

シロデスナ突破型の場合

初手: テテフ アギルダー

   

f:id:mideki_pokemon:20180109181235p:plainf:id:mideki_pokemon:20180109181245p:plain

後発: シロデスナ +@1

  

f:id:mideki_pokemon:20180109181301p:plain+@1

 

 後ろからシロデスナ投げて味方にみずしゅりけん出来るような並びとなっている。シロデスナで全抜きできるように盤面を作ります。

 

ジャラランガ突破型の場合

初手: テテフ アギルダー

  

f:id:mideki_pokemon:20180109181342p:plainf:id:mideki_pokemon:20180109181920p:plain

後発: ジャラランガ メガ枠どちらか

 

f:id:mideki_pokemon:20180109181412p:plain+@1

 

ジャラランガで突破できなさそうなポケモンアギルダーとテテフのアシッドボムサイキネで落としたり、いのちがけで落としたりして全抜きエースを狙います

 

【改善点】

ゴーストの一一貫があり、オフでもスカーフズガドーンに手も足も出ませんでした。

なので、リザYかゲンガーの枠をアローラベトベトンにすればもっと良くなるのかな、と思います。

 

【最後に】

 今回の構築は海外の構築を参考にしました。

参考にした人は、Matthew Huiさんです。

この型の構築は、ゲンガー→ヤミラミでした。

おそらくヤミラミで自己暗示する型なのでしょう。

emolラインまであと一歩というところまでいけましたが、本当に悔しいです。どうせならemolgameで紹介したかったです。

初遠征であいオフで、大変良い経験が出来ました。これに甘んじず、とびオフやカマルオフで結果を残せたらな、と思います。

 

ありがとうございました。

【ポケセンビクティニ店舗対抗戦】オーサカ店鋪対ナゴヤ代表担当、オーサカ店鋪全国1位

 どうも。Mizukiです。

 今回は8/27日に全国のポケモンセンターで行われたビクティニ店舗対抗戦に参加してきました。予選を通過し代表入りし、見事8勝2敗でオーサカ店舗初優勝をすることが出来ました。

 

 使用したPTはこちらです。

f:id:mideki_pokemon:20170901024454p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901043824j:image

  1.  個別解説
  2. 構築経緯
  3. 構築解説
  4. 代表戦の奇跡
  5. 今回の優勝を通して
  6. 今後

 

1.個別解説

f:id:mideki_pokemon:20170901025004p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901033413j:image

ギガイアス】こだわり鉢巻 ゆうかん

個体値:S04V 努力値:HA252B4 すなあらし

いわなだれストーンエッジ

・だいばくはつ ・じしん

 

本構築でルガルガンのすなかきを発動させるため+トリル後に暴れるポケモン

トリックルームを使うことが多く、代表選でも活躍してくれたポケモン。代表選で奇跡を起こすポケモン(後述)

 

f:id:mideki_pokemon:20170901025033p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901033427j:image

ルガルガン】@きあいのタスキ ようき

個体値:5V 努力値:AS252H4 すなかき

いわなだれストーンエッジ

・挑発 ・まもる

 

ビクティニの上から殴ることが出来、選出の段階から圧力をかけるポケモン。殆ど本番では見せポケであった。しかし、ギガイアスのトリル意識を無くすためのルガルガンは強すぎる部分があり、選出の段階でビクティニを後発にするしか相手はすることが出来ず、岩タイプに有利なポケモンを先発にしてくるため、トリルがしやすい行動をとることが出来た。

 

f:id:mideki_pokemon:20170901025054p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901033432j:image

ペルシアン】@バンジのみ ようき

個体値:5V 努力値:HS252B4 ファーコート

ねこだましすてゼリフ

・さいみんじゅつ ・イカサマ

 

本構築において立ち回りを加速させるポケモンねこだましによる初手の安定さ、ビクティニペルシアンに対して打点がないことが採用した大きな要因である。代表選でのMVP。ねこ+すてゼリフとかいう動きが良すぎる点。。

 

f:id:mideki_pokemon:20170901025121p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901034106j:image

ビクティニ】@こだわりスカーフ ようき

個体値:5V 努力値:HS252A4 しょうりのほし

・いのちがけ ・Vジェネレート

しねんのずつき ・とんぼがえり

 

本大会の絶対選出ポケモンにして本構築のメイン。基本的な動きとしては、

①序盤でいのちがけして隣でミミッキュがトリルしてカビゴンが腹叩いて無双

②とんぼ返りしながらサイクルを回して、終盤でいのちがけやVジェネを高いSから放つ

です。

スカーフいのちがけが考察してて1強でしょ。と思っていたのに何故か守る採用する普通の型もそれなりにいた件。ビクティニの良いところはスカーフを持たせるとカプ系のSを全て上回り、コケコのスカーフ以外ならH100からはなたれるいのちがけで落とせるので、強すぎます。

 

f:id:mideki_pokemon:20170901025130p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901035338j:image

ミミッキュ】@ゴーストZ いじっぱり

個体値:5V 努力値:HA252B4 ばけのかわ

・シャドークロー ・じゃれつく

・みちづれ ・トリックルーム

 

一番使ったポケモン。予選ではカビゴンの助けをしてくれました。このポケモンは基本的にいのちがけを使うスカーフビクティニを止めることが出来、ビクティニに対して打点があるので選出を絞ることが出来ます。ビクティニが絶対選出ならミミッキュ絶対選出したらアド取れますよね?という考えです。ちなみにミミッキュミラー怖かったのでSはVにしています。

 

f:id:mideki_pokemon:20170901025136p:plainf:id:mideki_pokemon:20170901035930j:image

カビゴン】@フィラのみ わんぱく

個体値:5V 努力値:HABD調整 くいしんぼう

・おんがえし ・はらだいこ

・リサイクル ・まもる

 

確実に役立ったポケモン。シンプルにはらだいこ型強くね?とwcsで再確認させられました。採用理由として、いのちがけで退場するビクティニとトリルの相性が良すぎた点です。カビゴンは今年は嫌ほど対策や考察がされているため、解説は省きます。ww

 

2.構築経緯

ビクティニを考察するといのちがけの型が強すぎるため、即スカーフで採用。とんぼ返りとかいうスカーフと相性が良すぎる技を持っており、これしかないと判断した。基本的にビクティニミラーに絶対なるので、スカーフ型が使い方が上手いと私は考えました。wcsでミミカビをwolfeが使っており、いのちがけと相性が良いため採用。エルフーンが怖いと思い、単純に押し切る選出も考え、ビクティニにスカーフを持たれても上から動くことができる砂かきルガルガンを採用。砂要因とトリル後アタッカー要因でギガイアスも採用した。残るは安定したサイクルを回すためにペルシアンを採用。この前からペルシアンはvgc2017で強いと考えていたので、使うことが出来て良かった。

 

3.構築解説

本質として、

ギガイアスルガルガンで先発ビクティニをけん制

②ミミカビによる単純な安定した並びでトリルはらだいこ

ペルシアンのサイクル回しによりトリルしなくてもカビゴンの動きをサポート

です。

 

選出は、

いわなだれで押し切れるPTの時orキッズが対戦相手になった時に即座に終わらす時

先発:ギガイアス ルガルガン

後発:ビクティニ カビゴン

 

②基本的にどの構築に対してもアドを取りやすい選出

先発:ミミッキュ ペルシアン

後発:ギガイアスorカビゴンビクティニ

 

③めんどくさい時(爆発します)

先発:ギガイアス ミミッキュ

後発:ビクティニ カビゴン

 

4.代表戦での奇跡

まずは言葉ではあるが試合を見てもらいたい。

選出

                        自分                          相手

先発:ペルシアン ビクティニ カビゴン ヤレユ

後:ギガイアス カビゴン テッカグヤ ビクティニ

 

初手:

ペルシアンがヤレユに猫をうつも精神力を忘れており大プレミ。カビゴンに無償ではらだいこを積まれてトリルされる。

 

2手目:

カビゴンいわなだれでヤレユが采配。

ペルシアン引いてカビゴンを出す。一回カビゴンが雪崩を避けたためアド。ビクティニが落ちたため、テッカグヤの処理が絶望。

 

3手目:

ペルシアンカビゴンに猫。

カビゴンを引いてギガイアスを出す。

この時点でトリルが切れる前にカビゴンとヤレユの采配を押すだけで相手の方は確定されていた。残りの勝ち筋はギガイアスで怯ませて同時にヤレユを倒し、ペルシアンのイカサマを当てること。

 

4手目:

見事怯み、ヤレユも落ちる。イカサマが決まり会場が盛り上がる。そして私も盛り上がった。

 

5手目:

相手の通信障害の切断によりこちらの勝ち。正直詰めが見えていたのでやっていたとしてもこちらの勝ち。

 

 私の試合がオーサカ店舗で最後であり、この試合に勝たなければ優勝出来ない状況だった。皆が見守る中試合は開始。ここで負けたらwcs目指してますなんて言えないと思い、ノートとペンを出してガチで勝ちに行きました。制限時間99秒目一杯使い、なんとか初手のプレミを取り返すことに成功した。代表の人達には、プレイングと盤面を読む力が凄すぎると言われ、こちらも嬉しく思った。結果的に岩雪崩に頼る結果となったが、勝ちは勝ち。カビゴンを残した意味も最後に詰めることが出来た要因の1つである。後ろでスタッフが私の英語romの言語が読めない読めないと嘆いていた記憶がある。スタッフが私の試合をモニターではないため口頭で解説してくださり、私のプレイングを観客に届けることが出来て嬉しく思う。

 

5.今回の優勝を通して

 

私まだ一度も公式大会に顔を出したことがないため雰囲気がわからないが、観客や対戦仲間と一緒になって盛り上がる楽しさを知った大会であった。オフとは違う緊迫した雰囲気で、皆が勝ちたいと思っている気持ちがひしひしと伝わる代表戦でした。ポケモンのイベントや大会では今回が初めて優勝という形を取らせてもらい、非常に嬉しく思いました。店舗はヒロシマとサッポロも1位ではあったが、オーサカ店舗はどちらの店舗にも代表戦では勝利しているため、実質優勝とスタッフが言っていた。店舗とはいえ全国優勝?をすることが出来た。しかもチーム戦。実力はwcs並のものを持つものは勉強している私とトモだけだと考えていたが、以外にもプレイングが皆上手くて驚いた。オーサカ店舗での初めての優勝に貢献できて本当に嬉しく思う。

また、私はオーサカ店舗の代表戦で雰囲気作りに貢献もしたと思っている。流石に盛り上げないとスタッフさんもかわいそうだし、そちらの方が面白いと考え、怯んだらガッツポーズや叫んだり大きな声で皆がアドを取った時や勝った時は叫んだ。店員も代表戦で盛り上げようと頑張っている僕に気づいたのか、話しかけてくれるようになり、その点も楽しく思えた。普段から盛り上げようとする心は常に持って大学でもムードメーカーの立ち位置で動いているため、こういう場でも発揮できて嬉しい。

 

6.今後

vgc2017ではvgc2016よりも考察して、自分が納得いくPTを作れた。しかし、結果は予選落ち。非常に悔しかった思い出しかなかった。締めくくりがポケセンの大会で優勝したとはいえ、あまり嬉しい気持ちはない。関西グロリアでベスト16になった時はもしかして…と期待していた自分を恥ずかしく思う。中途半端にせず、来年のvgc2018は本気で大学生活の勉強時間以外はポケモンに捧げるつもりで取り組みたいと考えている。結果に伴わなくても、大学生活の間に海外の大会には行って、一生の思い出にしたい。ポケセンの大会とはいえビクティニの考察のように環境を読み、ガチ勢にもエンジョイ勢にも勝てる構築を持っていけたこの感覚を忘れずに、来年のJCSまでに力をつけたいと思います。

ヒロシマとサッポロの1位もおめでとうございます!!

オーサカの代表の方々、お疲れ様です。

長すぎてごめんなさい。ここまで見てくれた方はいるのかな…?いたらありがとうございます。お疲れ様でした。

 

 

【プリティプリマ】使用構築『プリプリ式滅び』

どうも。ミズキです。

今回は6月末に開催されたインターネット大会「プリティプリマ」の使用構築を紹介して行きたいと思います。

使用ポケモンはこちらの6匹

f:id:mideki_pokemon:20170710082129j:image

選出画面から相手は「は?ゴチミルズルッグ?なめてんの?」となったと思いますww

しかし、MVPはズルッグであり、今回の構築の軸となるポケモンゴチミルなのです。

とりあえず個別紹介

f:id:mideki_pokemon:20170710082425j:image

 ムウマージ@ファラのみ 

特性:ふゆう

生意気個体 H252 D252 B4 (S0個体)

シャドーボール

・おにび

・ほろびのうた

・まもる

ほろびのうた始動要員その1。高い特殊耐久が役に立ちました。また、鬼火での物理ポケモンの足止めや、高い特殊耐久は評価出来ます。シャンデラの上から流れるのでシンプルに強いです。

 

f:id:mideki_pokemon:20170710092812j:image

コータス@炎Z

特性:ひでり

冷静個体 H252 C252 B4 (S0個体)

・オーバーヒート

・ふんか

・ねっぷう

・まもる

 

ほろびのうたが出せなさそうな感じorコータスで突破できるくね?というPTのためのポケモン

選出率はあまり高くはありませんが、トリル後に暴れます。

 持ち物何にしたらいいかわからなかったので、とりま炎Zを採用。

 

f:id:mideki_pokemon:20170710093233j:image

ズルッグ@とつげきチョッキ

特性:いかく

 慎重個体 H252 D252 B4 (S0個体)

ねこだまし 

いかりのまえば

・バークアウト

・イカサマ

 

確実にMVP枠。ただでさえクソ硬いのに、チョッキと威嚇組み合わせて化け物になります。バークアウトなども組み合わせるとおかしいです。

いかりのまえばなどでほろびのうたで責めない場合はHPを減らして対処して行きます。

 

f:id:mideki_pokemon:20170710153627j:image

 ゴチミル@しんかのきせき

特性:かげふみ

生意気個体 H252 D252 B4 (S0個体)

サイコキネシス

・いやしのはどう

トリックルーム

・まもる

 

ほろびパのゴチルゼル役。輝石を持たせることにより、ゴチルゼル並みの耐久力を持ちます。

また、いやしのはどうやトリルなどでサポートする形もそのまま採用しています。

 

f:id:mideki_pokemon:20170710153905j:image

マリルリ@オボンのみ

特性:そうしょく

生意気個体 H252 D252 A4 (S0個体)

たきのぼり

・じゃれつく

・ほろびのうた

・まもる

 

もう1つのほろび要員。ニョロトノの役目をしています。カミツルギには草食で強く出ることができ、安定してカミツルギの前でも動くことができます。

 

f:id:mideki_pokemon:20170710154100j:image

モロバレル@だっしゅつボタン

特性:さいせいりょく

生意気個体 H252 D252 B4 (S0個体)

 ・きのこのほうし 

・いかりのこな

ギガドレイン

・まもる

 

なんで入れたのかわからないポケモン。とりあえずモロバレル入れたら滅びっぽい感じがした。

コータスと並べたらドリュウズでオワオワリ。あかんやんけ…

 

【構築経緯】

6世代では滅びPTがありました。私は初めてのオフの初めての試合で滅びにあたり、困惑しました。私はその時滅びの存在を知らなかったので、驚かされた思い出があります。このルールの使用可能ポケモンを見た時、ゴチミルを見つけました。この時、

「どうせ火力がないなら滅びのうたで乗り切るPTを作ろう」

と思い、ゴチミルから構築をスタート。雨滅びを思い浮かべ、ゲンガーの枠をムウマージに、ズルズキンの枠をズルッグに、ニョロトノの枠をマリルリにしました。裏選出であるサーナイトモロバレルを再現するべく、コータスモロバレルでできるだけ再現しました。

 

【選出】

①先発 ズルッグ ムウマージ

後発 ゴチミル マリルリ

初手:ズルッグゴチミルに交代 

        ムウマージ→滅び

残り3:ゴチミル→まもる

          ムウマージズルッグに交代

残り2:ゴチミル→トリル

          ズルッグ→悪影響のある方向に猫

残り1:ゴチミルマリルリに交代

          ズルッグムウマージに交代

0

以降滅びをどちらかが選択し、勝ち

 

コータスでおk?の時

先発:コータス モロバレル

後発:ズルッグ ゴチミル

 

【感想】

全体的に弱そうな構築に見えますが、ズルッグが強く、活躍してくれました。中でも、カミツルギ対策の草食マリルリがものすごく刺さっていました。また、シャンデラのエナボも無効に出来て、強すぎました。

大学のレポートや課題に追われてあまり対戦はできませんでしたが、結果を出したかったです…

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

〜PJCS2017使用構築 "みずびたし"〜

どうも、ミズキです。

みなさん、JCS予選お疲れ様でした。

私が今年のJCS予選で使った構築はこちらの6体です

f:id:mideki_pokemon:20170509153811j:image

とりあえず個別解説からしていきます。

f:id:mideki_pokemon:20170509155416j:image

カプ・レヒレ@スカーフ

控えめ個体、H204D52S252

配分理由:

控えめS252スカーフで準速フェローチェ抜き

H204D52でフィールドなし珠コケコの10万確定耐え

・みずびたし 

・熱湯

・濁流

ムーンフォース

今回のギミック始動役、準速フェローチェ抜きなのでムンフォかませます。

f:id:mideki_pokemon:20170509160111j:image

カミツルギ@拘り鉢巻

陽気個体、A196D60S252

配分理由:臆病キュウコンのダブルダメ吹雪+霰ダメ確定耐え

みずびたし後のリフブレでB補正HB252軌跡ポリ2確定1発

・リフブレ

せいなるつるぎ

・スマートホーン

・つじぎり(はっぱカッター)

ギミックアタッカー。鉢巻の採用理由は、珠などのダメ計ではなく火力補正なしのダメ計で耐久調整してるものが多くいたので、それを崩すべく鉢巻採用。

リフブレだけでも無振りガブを低乱数1発なため、火力の高さが伺える。

f:id:mideki_pokemon:20170509160718j:image

ガラガラ@ふといホネ

慎重個体、H204A124D180

配分理由:不明

フレアドライブ

・ホネブーメラン

・シャドーボーン

・まもる

コケコとカミツルギ対策。コケコが環境に死ぬほどいるため、採用。ウインディとの明確な差別化は、ウインディと対面した時の強さ、電気を吸える避雷針の強さです。

また、トリル後のアタッカーとして活躍してくれました。

f:id:mideki_pokemon:20170509161017j:image

テッカグヤ@食べ残し

慎重個体、H252B108D148

配分理由:

コケコの10万耐えやウインディのフレドラ耐え意識

・ヘビーボンバー

かえんほうしゃ

やどりぎのタネ

・まもる

コケコやカミツルギやテテフに圧力をかけるために採用。また、スタンに見せかける要因の一つでもあります。

ギミックで突破できなかった時の安定の引き先で、ガラガラと同様に活躍してくれました。

f:id:mideki_pokemon:20170509161249j:image

ポリゴン2@軌跡

穏やか個体、H244B12D252

配分理由:特殊環境のためHD

・冷凍ビーム

・10万ボルト

・自己再生

トリックルーム

トリル要因。ギミック突破が難しいPTに対する明確な回答だと考えています。

ポリゴン2の強さは皆さんが一番わかってると思うので書きません。

f:id:mideki_pokemon:20170509161515j:image

 ギガイアス@イワZ

勇敢個体、H252A252B4

配分理由:特になし

・岩雪崩

ストーンエッジ

ワイドガード

・まもる

Z要因+トリル後アタッカー。このギミックはZ技を使わないため、Z技を誰にするか迷っていましたが、トリルと相性が良く、またZ技をもたせやすいギガイアスが正解でした。

 

【構築経緯】

この構築はトモさんとこばやんさんとの三人の共有構築です。

始めにトモさんと大学で1日かけて考えてました。その時に私達はスタンを使おうとしていました。ある時私がレヒレの技のページを見ていた時、ある技が目にとまりました。それは、【みずびたし】です。みずびたしは、相手のタイプを水タイプにする技です。私はこの時、雷に打たれたような衝撃を受けました。

(もしかして、レヒレにスカーフを持たせてカミツルギで水タイプにしたポケモンにリフブレ打ったら、S109未満のポケモンは全て狩ることができるのでは?)

これがこの構築の始まりでした。この構築の最大なや特徴は、カミツルギで狩ることができないテッカグヤウインディを1発で狩ることが出来るということです。正直、めちゃくちゃ強いです。

しかし、このギミックの弱点も存在します。それは、S109以上のポケモン猫騙しによるギミック防止、襷持ちのポケモン、スカーフポケモンです。

しかし、この2体のギミックだけでここまで対策の範囲を絞ることが出来ることは素晴らしいことだと思います。

主な対策先は、

・カプ・コケコ ・カミツルギペルシアンハリテヤマプテラエルフーンフェローチェキュウコン 

残るは、スカーフポケモン、襷持ちです。

スカーフポケモンは、

スカーフガブリアス、スカーフテテフ、スカーフツルギなどです。

襷持ちはウツロイドプテラミミッキュ…etc

それを補完すべくSで負けているならトリルすれば良い、という考えで、トリルを裏に置いた構築にしました。当初はカビゴンを採用していました。

その時の構築がこちらです。

f:id:mideki_pokemon:20170509155201j:image

しかし、あまりガブリアスの選出の仕方、さらにガブリアスの採用理由がわからず、解雇

困ってる時にこばやんさんに相談したところ、ギガポリにして、テッカグヤを入れて苦手なカミツルギやテテフの対策が出来るようにしました。

そしてできた構築が先程紹介したあの構築でした。

構築自体は悪くなかったのですが、C日程前に途中の某動画サイトの大会にてある人がみずびたし構築を使われ、ギミックバラしてしまいました。私たち三人の他にもみずびたし構築を使っていた人はまあまあいたみたいです。ですが、この時にみずびたし構築を全国ネットに晒された僕の気持ちは、一生忘れることはないでしょう。

 

【選出】

初手からギミックが通る場合

先発レヒレ+カミツルギ

後発 相手のPTを見て2体の補完

主な選出)

ガラガラ+テッカグヤ

ポリゴン2+ガラガラ

ポリゴン2+ギガイアス

ギミックが通らない場合

先発ポリゴン2+何か

後発 ギガイアス カミツルギなど

 

【PJCS結果】

A.B.C日程共に16-4が最高でした。

予選落ち。

 

QRチーム】

QRレンタルチーム「レヒレスタンと見せかけたギミックPT」のページ|ポケモングローバルリンク https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-73F4-4360 #pgl

 

【最後に】

このギミックはS109以下全てを狩ることができます。正直対策のしようが難しく、プレイングが上手い人が使うと止まらない構築になるかもしれません。

このギミックは自分で言うのも恥ずかしいですが、かなり強いギミックだと思います。

そのため、一人でも多くの人に知ってもらいたいと思い、この構築記事を作成しました。全国大会、世界大会でこの構築を発展、もしくは対策されることを願っております。

今年の共有構築をしてくれたトモくん、こばやんくんに感謝です。

みなさん!来年も頑張りましょう!(^^)